まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:TBSドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/08(水) 15:53:23.90 ID:ljA7QNLT9.net

    注文の多い料理店の木村シェフか!? TBSが10月期の日曜ドラマ枠に木村拓哉(46)をキャスティングしたが、おかげで制作スタッフが戦々恐々としている。
    その理由は、木村のリクエストのハードルがあまりに高いせいだ。注目ドラマ「おもゐでレストラン」(仮題、10月13日スタート)で初めてシェフ役に挑戦する木村の、厳しすぎるリクエストとはいったい――。

    かつて三ツ星レストランに勤め、数々の賞を取ったシェフを演じる木村。だが、優秀がゆえに大きな壁にブチ当たってしまう。

    「食材の偽装や利益優先のやり方に疑問を感じ、店を辞めてしまう。するとオーナーがシェフに関して、横領やレイプなど様々な悪評をでっちあげSNSで流布し、とうとう飲食界から追放されてしまうんです」(ある放送作家)。

    そんな風間は、長野県の片田舎に移り住み、名前を変えて小さなフレンチレストランをオープンさせる。

    「ちなみにこの店の売りは、来店した客に過去に味わった最高の一品を再現すること。どんな難題も決して断らない。しかも、作ったひと皿が客のイメージと違った場合には料金は受け取らない。
    でも正解だった場合は言い値の金額を支払うんです」(同放送作家)

    ほかのキャスティングについては検討中のようだが、木村を敵視するオーナーに香川照之(53)、パティシエには小手伸也(45)、ギャルソンに田中要次(55)、ソムリエに長嶋一茂(53)の名前が挙がっているという。

    だが、そんな配役よりもTBSの制作陣を悩ませているのが、ヒロイン役だという。

    「毎回、同じ悩みなんですが、木村主演のドラマはすべて彼のスケジュールに合わせないといけないため、当代きっての人気女優をキャスティングするのは至難のワザなんです。
    それでも毎回、木村からは他局でヒロインを張れるようなトップ女優の名前しか出てこないんです」(テレビ誌関係者)

    ちなみに木村自らが推薦している女優とは…。

    「綾瀬はるか、北川景子、広瀬すず、石原さとみ…。いつものメンバーです。でも全員、スケジュールは埋まっています」(TBS関係者)

    そんななか、TBSサイドは木村のオーダーを可能にするプランを考えだしたという。

    「毎回、1話完結のドラマにして豪華なヒロインでなんとかスケジュールを調整する作戦です。2~3日間限定という条件で受けてもらう。
    幸いレストランが舞台のためロケは必要ない。これならいけると考えたわけです」(制作関係者)

    キムタク渾身のドラマだけに、高視聴率は間違いなさそう!?

    http://news.livedoor.com/article/detail/16426174/
    2019年5月8日 11時0分 東スポWeb


    【【ドラマ】「木村拓哉」シェフ役ドラマですでに前途多難!?!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    そんなドラマあったなぁ~!!!

    1 ひかり ★ :2019/03/10(日) 16:22:50.93 ID:w6CNtRmU9.net

     俳優の木村拓哉(46)が10日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。ダウンタウン・浜田雅功(55)から学んだ、ドラマの現場での立ち振る舞い方を明かした。

     番組は先週に続いて浜田がゲスト出演。1995年に木村と共演したドラマ「人生は上々だ」(TBS系)の裏話を明かした。撮影の後半、浜田が共演者や脚本家を集めて食事に出かけ、
    最終回の展開について話し合ったといい「『拓哉は最後どうしたいの?』って感じで、最終回は自分の役として、心情としてこうありたいっていうのを全員に言わせて。脚本家に、そういうことなんで本書いてくださいって…」と明かした。

     このエピソードに木村は「すごい座長でしょ?」と驚きを口にし「いろんな人と組んできたんですけど、浜ちゃんと一緒にやらせてもらった『人生は上々だ』という作品は、すごく自分の中で大きいんですよね」と振り返った。

     浜田は撮影中、楽屋を使わず前室や現場で共演者らと交流を計っていたそうで、「(ドラマの現場での)自分の立ち位置とかっていうのは、実はいろいろ参考にさせてもらっているんですよね…。そのバトンを渡してくれたのは僕の目の前にいるこの人なんです」と浜田の立ち振る舞い方を参考にしていると明かした。これに浜田が「どうも、僕です」と返すと、スタジオは笑いに包まれていた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000114-spnannex-ent


    【【木村拓哉】「浜田雅功」とのドラマ共演についてラジオで語るwww】の続きを読む

    このページのトップヘ