まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:NGT48

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 bert-bert.com)


    まだまだ問題もハッキリしてないようですけどね~

    1 ひかり ★ :2019/09/27(金) 11:01:38.92 ID:qayB+gPy9.net

     アイドルグループ・NGT48を5月に卒業した山口真帆の1st写真集『present』が、最新の9/30付オリコン週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」で初登場1位を獲得した。新たな芸能活動をスタートさせている山口だが、変わらぬファンの応援と世の中の関心を集めているようだ。

     本作は、山口の24歳の誕生日・9月17日に発売した初めての写真集。タイトルには、自分への誕生日プレゼントであるとともに、受け取るファンに向けた“ギフト”として、写真集を通じて今の山口真帆を知ってもらいたいという想いが込められている。

     撮影には、1日5食の食事でジムに通ったという身体づくりをして臨み、キュートな水着姿やランジェリー姿など、これまで見せたことのない多彩な表情とともに美しいボディラインを披露。24歳の山口のありのままの姿と、これからへの決意や熱い想いをすべて詰め込んだ渾身の1冊となっている。

     山口はNGT48卒業後、8月27日にTOKYO FM『Skyrocket Company』で初のメディア出演を果たし、今月16日放送の『ノンストップ!』 (フジテレビ系)で卒業後初のテレビ出演。17日には、都内で『present』発売記念トークショーを開催している。

     順調なスタートを切った山口。『present』のこの先の売上推移とともに、新たな芸能活動にも注目が集まっていきそうだ。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000301-oric-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【山口真帆】写真集がランキング1位に!! 芸能活動も順調なスタート!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.crank-in.net)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/09/25(水) 00:39:07.26 ID:GYdReJxo9.net

    アイドルグループNGT48元メンバーの山口真帆をめぐる一連の騒動が、新たな展開を見せ始めている――。

    1月、山口が自身の暴行被害をSNS上で告発したことが発端となり、メンバー間の確執や一部メンバーとファンとの交際疑惑が取り沙汰される事態に発展。
    これを受けNGT48の運営元AKSは3月、暴行事件に関する第三者委員会の報告書を発表し記者会見を開いたが、その会見内でまたもや“事件”が起きた。

    会見に出席した松村匠取締役(当時)らは、暴行事件へのメンバーの関与はなかったものの、
    2名中12名が一部のファンと“つながり”を持っていたと報告し、その責任は運営体制の不備にあったとして、当該メンバーへの処分等は行わないと説明した。

    これを受け山口は、会見が行われている時間帯に、自身のTwitter上で次のように投稿した。
    「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。
    他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」

    会見でこの山口の投稿について質問を受けた松村氏は、「(会見での発言について)訂正させていただきます」「私の勘違いでした」などと発言し、運営元と山口の間の不信が露呈した格好となった。

    その後、山口はNGTを卒業し、5月からは数多くの人気俳優を擁する大手芸能事務所「研音」に所属。
    9月には初の写真集が発売されることも決定し、先月にはNGT卒業後としては初となるメディア生出演を果たすなど順調な活動ぶりをみせている。

    そんななか、AKSが起こした、山口に暴行を加えたとされる男性ファンらに損害賠償を求める民事訴訟の進行協議が20日、新潟地裁で行われ、男性側の代理人は、男性が山口と以前から“私的なつながり”を持っていたと主張した。

    男性側が提出した準備書面によれば、男性は山口から携帯電話などでNGTの内部情報などを伝えられたり、山口と同じマンションに転居後は廊下でプレゼントを渡したりしていたという。

    また、山口が主張している「顔をつかむ」などの暴行ははたいていないと主張しているが、週刊誌記者は語る。
    「8月に『文春オンライン』は、AKSの吉成(夏子)社長がNGTメンバーの保護者向け説明会で、もともとファンとつながっていたのは山口だと発言していたと報じていますが、今回の男性サイドの主張と重なります。

    そして気になるのは、AKS側の代理人は20日の進行協議後の会見で、男性サイドが暴行を否定している点について報道陣から聞かれ、『そういう推測はできる主張』『事実かもわからない。我々は真実の発見が目的』などと語り、明確な反論を避けている点です。
    その姿勢からは、あくまでAKSが求めているはツアー中止等による損害の賠償であり、“暴行を受けた”という山口の主張の真実性を裁判所に認めさせようという意思はない様子がうかがえます。

    真実は今後の裁判の結果が出るまではわかりませんが、もしAKS社長と男性側の“ファンとつながっていたのは山口”という発言が事実となれば、これまで山口が主張していた構図が根底から崩れることになり、順調に再開したかにみえた山口の芸能活動に影響が出るのは必至でしょう」

    山口は3月のAKSの会見中、「松村匠取締役は<繋がっているメンバーを全員解雇する>と私に約束しました。
    その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました」などとツイートしていたが、別の週刊誌記者は語る。

    「9月に『文春オンライン』は、事件直後に山口が犯人たちを追及する様子を収めた音声を公開し、そのなかで山口は、『その関わっているメンバーの子も、ほんとに辞めさせるから、私』と発言。

    さらに犯人たちが否定しているにもかかわらず、執拗にNGTの西潟茉莉奈と太野彩香との“つながり”を問いただしており、この2人を辞めさせることへの執念をひしひしと感じます。実際に、騒動が過熱していた当時、取材した関係者の間からも『山口は敵対するメンバーを追い出したいだけ』という声も多く聞かれました。

    ちなみに、音声のなかで山口は他のメンバーを“本当にクズ”などと汚い言葉で罵ったり、ファンのことを“オタク”などと呼んだりしており、イメージダウンも懸念されるなか、山口自身、厳しい状況に追いやられているのは確かでしょう」

    騒動発覚から8カ月、NGTをめぐる騒動に再び世間の注目が集まりつつある。
    https://biz-journal.jp/2019/09/post_120195.html


    【【NGT48】「山口真帆」暴行事件に新たな展開か・・・!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)


    確かにアイドルとは言い難い。。。。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/17(火) 12:46:11.06 ID:fONk0lH59.net

    “おぎゆか”の愛称で親しまれているNGT48荻野由佳が、16日に放送された『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に出演、その際の荻野の発言に、不満の声が広まっている。

    「荻野は、足の裏から健康チェックする番組のコーナー『健康美女の足裏ランキング』に登場。取材スタッフから『健康状態とか気にされてますか?』との質問に、『肩こりがひどいんですよ』と告げました。スタッフが『肩こりはストレスも関係している。心理的なことは?』と尋ねると、『ストレス・・・(小声になり)そうですね。ストレスは・・・(再び小声で)ありますねちょっと』と、さもストレスがかかっていることを隠しておきたいといった口調で話していたのです」(芸能ライター)

    荻野といえば、ネットユーザーの間ではもっぱら、元メンバー山口真帆へのファンによる暴行被害騒動の疑惑メンバーとして目されている人物。そんな中、過敏になっている人々からは、「久しぶりにテレビを見て不快になった」「おぎゆか出たからチャンネル替えた」「いじめてた側がストレスとか何言ってるの」など、反発の声が大勢寄せられた。

    さらに、物議を醸したのが、このVTRが終わり、スタジオに移ったあとの展開だったという。

    司会のアンジャッシュ・渡部建が『どうですか荻野ちゃん?』と振ると、FUJIWARA・藤本敏史も加勢して、『どうなったのかなあの事はねー?』『どうなったんのアレ?』など意味深な追及を始めたのです。荻野はその質問には直接は答えず、『一生懸命頑張るしかない。一生懸命頑張ります!!』と最後はガッツポーズをしていました」(同)

    だが、これに対し、SNSでは「何でもかんでも笑いに変えればいいわけじゃないよ。被害者がいるんだよ」「フジモンさぁ…流石に刑事事件レベルのやつをあの事呼ばわりはやばいと思うんだ まだ解決してないやんおかしいしガッカリやて」「フジモンさん。あなたの事好きでした。面白くて。けど、あの事呼ばわりして笑いにするなんてありえないでしょ」と、藤本を糾弾する意見も多く散見された。この騒動は、暴行したとされる男性2人が暴行罪で新潟県警に逮捕(その後不起訴)された立派な“事件”が発端。被害者がいることを忘れてはならないだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17093883/
    2019年9月17日 12時0分 リアルライブ


    【【NGT48】「荻野由佳」久々のテレビ出演で足裏見せるもひど過ぎて大炎上www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    いつになったらハッキリするんでしょうか・・・この問題

    1 マイソールのネコ ★ :2019/09/11(水) 00:34:26.94 ID:Y7A56CGD9.net

    山口真帆(公式ツイッターアカウントより ※画像は削除済)

    (出典 biz-journal.jp)


     アイドルグループNGT48元メンバーの山口真帆が、一転して窮地に陥りかねない事態に見舞われている――。

     1月、山口が自身の暴行被害をSNS上で告発したことが発端となり、メンバー間の確執や一部メンバーとファンとの交際疑惑が取り沙汰される事態に発展。これを受けNGT48の運営元AKSは3月、暴行事件に関する第三者委員会の報告書を発表し記者会見を開いたが、その会見内でまたもや“事件”が起きた。

     会見に出席した松村匠取締役(当時)らは、暴行事件へのメンバーの関与はなかったものの、42名中12名が一部のファンと“つながり”を持っていたと報告し、その責任は運営体制の不備にあったとして、当該メンバーへの処分等は行わないと説明した。

     これを受け山口は、会見が行われている時間帯に、自身のTwitter上で次のように投稿した。

    「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」

    「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」

     会見でこの山口の投稿について質問を受けた松村氏は、「(会見での発言について)訂正させていただきます」「私の勘違いでした」などと発言し、運営元と山口の間の不信が露呈した格好となった。

     その後、山口はNGTを卒業し、5月からは数多くの人気俳優を擁する大手芸能事務所「研音」に所属。9月には初の写真集が発売されることも決定し、先月にはNGT卒業後としては初となるメディア生出演を果たすなど順調な活動ぶりをみせている。

     そんな山口が、実はNGT所属当時にファンとつながっていたという吉成夏子・AKS社長の発言を、8月27日付「文春オンライン」が伝えている。AKSはすでに山口に暴行を加えたとされる男性ファンらを民事提訴しているが、「文春」記事によれば、この男性ファンはAKSに対し「もともとつながっていたのは山口さんです」などと証言していると、吉成社長はNGTメンバーの保護者に説明しているという。

    ■西潟と太野のクビへの執着

     さらに9月7日付「文春オンライン」は、事件直後に山口と他のメンバー1人が犯人たちを追及する様子を収めた音声が、事件を調査した第三者委員会に提出されていたと報じ、その生々しい内容を掲載している。週刊誌記者は語る。

    「『文春』記事によれば、音声内で、山口が犯人グループとつながっていると考えていた西潟茉莉奈と太野彩香について“本当にクズ”と発言したり、ファンのことを“オタク”などと呼んだりしています。世間から抱かれているイメージとは真逆の山口の“本性”が明かされた格好となり、イメージダウンは必至でしょう」

     山口は3月のAKSの会見中、「松村匠取締役は<繋がっているメンバーを全員解雇する>と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました」などとツイートしていたが、別の週刊誌記者は語る。

    「音声には『その関わっているメンバーの子も、ほんとに辞めさせるから、私』(『文春』より)という山口の発言があり、さらに犯人たちが否定しているにもかかわらず、執拗に西潟と太野との“つながり”を問いただしており、とにかくこの2人を辞めさせることで頭がいっぱいという様子がうかがえます。実際に、騒動が過熱していた当時、取材した関係者の間からも『山口は敵対するメンバーを追い出したいだけ』という声も多く聞かれました。

     さらに、もしAKSの吉成社長の『もともと(ファンと)つながっていたのは山口』という証言が事実であれば、“結局、すべてが山口のワガママ”とも受け止められ、再スタートを切ったばかりの芸能活動に影響が出かねないでしょう。AKSはすでに犯人とみられる男性らを提訴しており、裁判の過程で山口がファンと交際をしていた事実が明らかになる可能性もある。そうなれば“山口=純粋な被害者”という構図も崩れるかもしれません」

     騒動発覚から8カ月、事態は新たな局面を迎えようとしている。(文=編集部)

    Business Journal 2019.09.10
    https://biz-journal.jp/2019/09/post_118212.html

    ★1:2019/09/10(火) 22:29:41.13
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568122181/


    【【元NGT48】「山口真帆」ファンを“オタク”呼ばわり??本性を暴かれてしまうのか!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 static.blogos.com)


    いまさら社長がそういうのってどーなんだ??

    1 ひかり ★ :2019/09/06(金) 22:41:07.22 ID:+sGH2WJI9.net

    「 週刊文春デジタル 」では8月27日、活動を再開したNGT48メンバーの保護者を集めた説明会での 音声データ を公開した。そこで明らかになったのは運営会社「AKS」トップ・吉成夏子社長の衝撃発言。暴行事件を告発した元メンバーの山口真帆(23)が、実は犯人たちと「もともと繋がっていた」とした吉成氏の説明に業界は揺れている。

    「保護者会の直後から『さすがにマズイ』と関係者はザワついていました。AKSは犯人を相手取って民事訴訟を起こしている真っ最中。裁判に関わる内容を公然と開示したのですから、問題視されるのも当たり前でしょう。しかし、再出発したAKSの新体制は、吉成氏のイエスマンや現場経験のない人間たちで固められていて、心配の声が上に届かない。

     記者やファンは吉成社長に説明を求める声をあげていますが、保護者会でも説明しているように吉成社長は会見をやる気などさらさらない。山口が会見中に批判ツイートをしたことで、世間から集中砲火を浴びた今年3月の松村匠元取締役の釈明会見がトラウマとなっているようです」(AKS関係者)

    「週刊文春デジタル」では山口に対し、保護者会で吉成氏が発言した“犯人グループとの繋がり”について事実確認を求めたところ、山口は新事務所を通じて、「そのような事実はございません」と回答した。AKSにも聞いたが、期日内に回答はなかった。

     そして新たに明らかになったのが、吉成氏のさらなる”暴露発言”だ。決して表舞台には出てこない吉成氏だが、実は保護者会の数日前、現役のNGT全メンバーの前でも説明会を行い、さらに踏み込んだ発言をしていた。

    「あくまで『犯人側の主張』だと断った上で、吉成氏は事件発生の経緯についても触れました。なぜ事件が起きてしまったのか。それは、事件前から犯人の男性と繋がっていた山口が、あることが原因で男性と不仲になり、無視するようになった。連絡をとれなくなった男性が、直接話そうと山口の部屋を突然訪れた。そのために事件は起こった。吉成氏はそう説明しました。多くのメンバーは吉成氏の言葉にうなずき、納得している様子でした」(同前)

     この新たな“暴露発言”について、AKSにあらためて事実確認を求めたが、期日までに回答は得られなかった。

     これら2つの「吉成発言」について、9月7日(土)21時放送のネット番組「 直撃!週刊文春ライブ 」では、山口と犯人の間でいったい何が起きたのか、真相を知る重要な手掛かりとなる、“新証拠”の公開を予定している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00013917-bunshun-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567765212/


    【【激震】「AKS吉成社長」またしても暴露発言が!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ