まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:AKS

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 d39t9tn4y25mgl.cloudfront.net)


    倍率3.2倍って注目されてないのねwww

    1 Egg ★ :2019/07/11(木) 19:09:02.71 ID:FnM0c1Yt9.net

    新潟県を拠点とするアイドルグループ「NGT48」の運営会社「AKS」が、元メンバー・山口真帆(23)への暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性2人に3000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、新潟地裁で開かれた。主たる目的は、メンバーや保護者らが求める「真相究明」だが、被告側の“アイドルハンター集団”メンバーは請求の棄却を求めて争う構えだ。法廷で仰天新事実を“爆弾投下”する予測もあり、活動再開を目指すグループにとっては大バクチにもなりかねない。

     一般傍聴席は47席で、傍聴券の抽選には150人が並び、倍率は約3・2倍。しかし、代理人を含めて被告側は誰も出廷せず、注目の裁判はわずか3分で終わった。AKS側は代理人である弁護士2人が出廷。閉廷後に遠藤和宏弁護士が報道陣の取材に応じた。

    「訴訟の一番の目的」を問われると「被害による損害賠償請求ということもありますが、真相解明をメンバーの方々、親族の方々が求めている。そういった思いを会社も受けて、原因を究明して再発防止につなげたい」と説明。被告が不起訴処分になったことに「その理由すら会社としては分かっていない。そうした事情も含めて真相を究明していきたい」とした。

     NGTは劇場公演やツアーが中止となり、広告契約の更新見送りによる損失やメンバーの警備費用なども発生している。1億円以上の被害がある状況で、損害賠償額3000万円だ。これには「お金の問題ではない。取りあえず一部請求という形で3000万円になりました」と話している。

     一方、被告側の答弁書には「追って主張する」「追って認否する」などとつづられており、被告側は請求の棄却を求め、争う姿勢を示しているという。裁判所からは弁論を非公開で進めていくことを提案されたが「公開の法廷で進めたい」と同弁護士。

     訴状には、事件当日に山口とAKS関係者が男性2人と話した内容や、男性2人が事件現場となった山口の自宅マンションに出入りできる状況で、一部メンバーとは以前から一緒に食事や遊んだりするなど交流を持っていたことが記載されていた。また、山口がかねて質問した「つながっているメンバー」について8人の名前を挙げたとしている。

     いよいよ真実が白日の下にさらされる――。そう期待する向きも多いだろうが、相手は“アイドルハンター集団”と呼ばれる暴走ファンだ。公開法廷になることで、AKSや周囲の関係者も無傷ではいられないのではないかとの声もあるという。

    「共犯として疑われているメンバーと本当に一緒に食事などの私的交流をしていたのなら、証拠となるLINEなどのやりとりも残しているでしょうし、写真なども持っている可能性がある。裁判が不利に進んだ場合は、そうしたものを暴露するでしょう。公開裁判となれば、隠すことは難しい。活動再開を目指すグループが再び大混乱に陥ってしまうかもしれない」(芸能関係者)

     さらに、騒動がグループの枠を超える可能性もあると指摘するのは、テレビ局関係者だ。

    「男性2人が所属するアイドルハンター集団の中には一部メディアから金銭をもらっていると話していた者もおり、ストーカー的な活動を『仕事だ!』と正当化していた。そうした不適切な関係が裁判で暴露されれば、グループだけの話ではなくなるでしょう」(前同)

     何といっても、相手は不起訴処分になった際、笑いながら「新潟県警、弱えよ!」などという動画を投稿したほどだ。また、AKSが設けた第三者委員会の調査協力要請を“無視”し、反省した態度も見せていない。そればかりか以前からライブ中の不適切行為や、真っ当なファンを恫喝するなど迷惑行為を繰り返してきたことも明らかに。チケット転売、ネット上でタレントの住所録販売を持ちかけたり、ストーカーまがいの暴走行為にも手を染めてきた(本紙既報)。

    「何をしでかすか分かりません」(前同)

     今後の証人尋問の予定に遠藤弁護士は「今は申し上げられない」としながらも、山口やNGTメンバーの出廷については「可能性としてはあると思います」と答えた。

     次回は9月20日に進行協議(非公開)を予定。

    裁判で“爆弾発言”は飛び出すのだろうか。

    7/11(木) 17:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000051-tospoweb-ent


    【【AKS】「NGT裁判」ハンター集団がLINEや写真暴露か!?!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 entamega.com)


    プロレス裁判って事なんですかあ!?!?

    1 muffin ★ :2019/07/05(金) 16:38:38.24 ID:paTeoKMP9.net

    新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の運営会社「AKS」(東京)が、
    元メンバーの山口真帆さん(23)に対する暴行容疑で逮捕(不起訴処分)された男性ファン2人を相手取り、損害賠償を求めて新潟地裁に提訴した裁判で、AKSが「事件によりNGT48の芸能活動が休止した」として、3千万円の損害賠償を求めていたことがことが5日、分かった。

    この事件では、2人は昨年12月8日午後9時ごろ、新潟市内の山口さんの自宅マンションの玄関先で、山口さんの顔を手でつかんで押したなどとして、新潟県警に暴行容疑で逮捕された。

    新潟地検は同月28日、2人を不起訴処分にした。処分理由は明らかにしていない。

    訴状によると、男性ファンら2人は事件直後、山口さんらに事件の経緯や関係者などを聞かれ、他のメンバーが関与していると返答。
    このため、グループ内の信頼関係がなくなったり、インターネット上で他のメンバーへの嫌がらせ行為が起きるなどして、NGT48の公演やイベントを中止せざるをえなくなったと主張。男性ファンらに損害賠償として、3千万円を支払うように求めている。

    提訴は今年4月26日付。第1回口頭弁論は7月10日に開かれる予定。

    山口さんは5月18日、親しいメンバー2人とともにNGT48を卒業。
    事件発覚後、NGT48は本格的な活動が困難になっている。

    https://www.sankei.com/affairs/news/190705/afr1907050005-n1.html

    ★1が立った日時:2019/07/05(金) 11:09:24.36
    【芸能】 NGT48山口さん事件 運営会社が男性ファンらに3千万円賠償請求 「事件によりNGT48の芸能活動が休止した」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562292564/


    【【山口真帆】NGT48暴行事件 運営会社が男性ファンらに3千万円賠償請求!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.ellegirl.jp)


    これはどういった処分なんでしょ???

    1 ひかり ★ :2019/07/02(火) 22:42:56.47 ID:4tatQZgt9.net

     AKB48グループを運営するAKSの取締役で運営責任者だった松村匠氏(56)が、役員を退任し、日韓12人組グループ「IZ*ONE」(アイズワン)の担当に異動していたことが2日、分かった。

     アイズワンはHKT48の宮脇咲良(21)ら日本の人気メンバーも所属する注目ユニット。松村氏はユニットの責任者として日韓を股にかけ再出発を図る。

     AKS社では今月から社内組織を一新した。昨年から今年にかけ山口真帆(23)らNGT48の元メンバーが暴行を受けた事件で組織が迷走。同社の吉成夏子社長はコーポレートサイトで「社会的な責任を負える企業になれるよう、運営・管理体制の改善に着手しております」と変更の意図を説明した。

     松村氏は今年3月、NGT暴行事件を調査した第3者委員会の報告を会見で発表。自らが矢面に立って対処を試みたが、会見中に山口がツイッターを使ってリアルタイムで反論し右往左往。
    会見後、表舞台に立つことはなくなっていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000218-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【AKS】NGT会見で大炎上「松村匠氏」 取締役を退任しIZ*ONE責任者に異動!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.mynavi.jp)


    言えない事でもあるのかしら???WWW

    1 豆次郎 ★ :2019/06/04(火) 22:44:38.59 ID:+w2EFvcl9.net

    エンタメ 2019.06.04
    NHK新潟がNGT48暴行事件を特集も、AKSは取材拒否

     山口真帆の卒業および大手芸能プロダクション・研音への移籍発表後も、NGT48の再生には程遠い。AKS及び一部NGTメンバーへ向かう批判の声は絶えず、スポンサーが戻る気配は見えないからだ。

     そんななか、毎週金曜19時30分からNHK新潟で放送されている地域情報番組『金よう夜きらっと新潟』(5月31日放送回)が「近すぎたアイドル ~岐路に立つNGT48~」と題し、NGT48暴行事件に関する特集を放送。その内容が話題を呼んでいる。

     番組はまず、AKB48グループにおける「握手会」のシステムを詳しく解説。そのうえで、第三者委員会の報告書にも記載してあった通り、アイドルとファンの「近すぎる距離感」が安全管理を難しくしたと問題を指摘した。

     NHK新潟ではAKSに対し、「私的領域でのファンとの接触防止策」「会社の運営体制の見直し」「トラブルの処分や調査は十分か」「経営トップの認識」といった内容でインタビューや書面での回答を求めたという。会社の再発防止策や危機対応について取材するためである。

     しかし、それに対するAKS側の答えは「総合的な判断で回答はできない」というものであった。取材班の古市啓一朗氏は厳しくその姿勢を九段した。

    <AKSは『総合的な判断で回答はできない』としています。すでにAKSはNGT48の再スタートを宣言していて、回答がないといったこうした対応では、改善策や会社がどのように変わったのか具体的に示されないままです。再スタートへの理解が広がらないのは会社の姿勢が影響しているのではないかと思います>

    NHKはAKS吉成社長や秋元康氏の説明責任にも言及

     NGT48暴行事件は単なるアイドルグループのスキャンダルという域を出て、新潟の地域経済にも影響する問題となっている。一正蒲鉾をはじめ、NGT48をCMキャラクターなどに起用してきた地元企業は相次いで契約を打ち切っているが、新潟市もそのひとつだ。

     新潟市は今年9月から行われる「第34回国民文化祭・にいがた2019」へのNGT48起用を取りやめている。新潟市文化政策課の塚原進課長はその理由について、「『観光にも行きたくないです』とか、『ふるさと納税もしません』とか、全国から大きな苦情のメッセージっていうのが新潟市の方にも寄せられています」と証言している。

     NGT48暴行事件とその後のAKSの稚拙な対応は、新潟のイメージそのものを傷つけた。こうしたなかで再スタートを切ろうとするNGT48に対し、取材班の古市氏は、しかるべき立場の人物がきちんとした説明責任を果たさない限り、納得を得られることはないであろうと、改めて厳しく指摘するのであった。

    <県民やファンはトラブルの真相の究明さえされていないと失望感をもっている人が多数います。そのなかで、『AKSはほとぼりが冷めるのを待っているようにしか見えない』と、実際にファンからもそういう声が聞こえてきます。影響力のある企業であるからこそ、まずはこれまで公の場で発言していない経営トップの吉成(夏子)社長などが改めて考えを説明すべきだと思います。さらには、現在は直接運営には関与していないとしているグループの総合プロデューサー・秋元康氏の対応を求める声もファンから聞かれます。NGT48は本当に再スタートを切れるのか、まさに岐路に立っていると思います>

    続きはこちらで↓
    https://wezz-y.com/archives/66511

    (出典 wezz-y.com)


    【【NHK新潟】NGT48暴行事件を特集するも、AKSは取材拒否!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    幹部になって建て直したらいいじゃないwwww

    1 Egg ★ :2019/05/20(月) 18:26:50.50 ID:tjEeJs3J9.net

     山口真帆(23)の卒業公演を18日に終えたNGT48などを含むAKBグループの今後を巡り、先月末にHKT48を卒業した指原莉乃(26)の“運営幹部就任”が期待されている。1月、山口自ら暴行被害に遭ったことを明らかにしてから4か月半。収まらない騒動はAKBグループ全体にまで波及し、運営側に批判が集中する事態となった。そんな中、再建役として名前が挙がったのが指原だ。本紙の取材で、指原は山口の卒業公演を現場で見ていたことも判明。大役を担うことになるのか――。

     山口は18日、新潟市内のNGT48劇場で、菅原りこ、長谷川玲奈とともに卒業公演を開催。3人で始まったステージには途中からメンバーら7人が加わった。

     3人は今後も芸能活動を続けることを改めて表明。山口は「今まで悲しい姿を見せてしまった分、今度は元気を与える存在になることが私の夢。これからの夢に向かって力強く歩んでいきたい」と誓った。

     一方、夢に向かって歩きだす3人と対照的なのがグループの現状。NGT48劇場は現在、通常公演を行っておらず、ほぼ休館状態が続いている。

     公演後に取材に応じた劇場支配人の早川麻依子氏はメンバーの現状について「レッスンをしたり、集まって(今後について)話し合いをしている」と説明。しかし、「組織として改革しなきゃいけないことがある。運営の改善点に重きを置いて、それが済んでから」と本格的な再始動のメドは立っていないとした。

     山口への暴行事件に端を発するNGT騒動の影響は、AKBグループ全体に波及。昨年で10回目を迎えたグループ最大イベント「選抜総選挙」も今年は開催せず。3月に開かれた事件の調査報告会で、運営会社・AKSの運営責任者兼取締役・松村匠氏は総選挙への影響について「一切、関係ございません。昨年で10回ということで、一定の役割を果たした」と説明した。

     しかし、複数の関係者は「NGTの影響は否定できない」と告白。NGTは17年のデビューから2年連続で4月にシングルを発売したが、今年はリリースされず。また“本体”AKBが今月予定していた“令和初シングル”の発売日発表も見送られたままだ。

     そんな苦境に陥るAKBグループを救う存在として期待されるのが、先月末にHKTを卒業したばかりの指原だ。本紙の取材によれば、指原は新幹線で新潟まで出向き、卒業公演を観覧していたという。

    「白いキャップを深くかぶった指原は真剣な表情で見つめていた。AKB全盛期に運営会社の社長を務めていた人物も一緒におり、タクシーで一緒に移動するなど、行動をともにしていた。指原は“どうしてこういう事態に陥ったのか”を把握しようとし、“今後はどうするべきか”を真剣に考えていたようです。いろんな話し合いの場も持ったとか」(関係者)

     指原といえば、4月に開催された自身の卒業コンサートを終えた直後の会見で、運営会社の上層部に改善を“直談判”していたことを告白。「本当に変えたいなら、一からやり直さなければいけない。私にできることがあれば、手伝いたい」と、今後もグループに貢献する意向を明かした。

     すでに指原は所属していたHKTの新公演を全曲書き下ろしでプロデュースすることが決定済み。そんな背景もあり、ファンからは「運営会社の幹部になって、グループを立て直してほしい」という声が噴出している。

    「指原は当初、卒業したらプロデュースなどを含めAKBグループに『関わることはない』と距離を置こうとしていた。しかし、NGT騒動が深刻化し、グループに危機感を覚え、スタッフからも要請されたことで手助けを決めた。“幹部”という肩書自体はないかもしれませんが、グループ時代からそれに近い存在でしたから」と別の関係者。周囲からの期待は日増しに高まっている。

     果たしてグループの運営幹部的な存在として手腕を発揮するのか。アイドルからは卒業しても、指原から目が離せない。

    2019年5月20日 17時0分
    news.livedoor.com/lite/article_detail/16488031/

    写真image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/0/508bb_1399_38244e85_02a90f51.jpg


    【【指原莉乃】「山口真帆」卒業公演”を極秘で視察!! 運営幹部就任に!?】の続きを読む

    このページのトップヘ