まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:電気グルーヴ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news7-web.com)


    ここからどんどん出てきちゃうんだろうか。。。

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/22(金) 12:07:34.79 ID:82+WbP/X9.net

    2019年3月22日 金曜 午前11:43
    https://sp.fnn.jp/posts/00414687CX
    https://sp.fnn.jp/image/program/00414687CX?n=1&s=13_l

    ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者がコカインを使用した疑いで逮捕された事件で、FNNのスクープ。

    瀧容疑者にコカインを譲り渡した疑いで、音楽を通じて友人だった48歳の女が、厚労省麻薬取締部に逮捕されたことがわかった。 
     
    麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたのは、神奈川・横浜市に住む通訳業の田坂真樹容疑者(48)。

    これは逮捕当日、麻薬取締官の指示に従い、車を降りて淡々と歩く様子をFNNのカメラが捉えたもの。

    田坂容疑者は、コカインを使用した疑いで逮捕された瀧容疑者に対し、コカインを譲り渡した疑いで、3月19日、横浜市内の自宅で逮捕された。

    田坂容疑者は、瀧容疑者が逮捕された前日にあたる3月11日に、コカインを渡したとみられている。 
     
    麻薬取締部は、2018年秋からの瀧容疑者に対する内偵捜査で、田坂容疑者との交友を確認し、瀧容疑者からの供述や裏付け捜査などで逮捕に至ったが、調べに対し田坂容疑者は、容疑を否認しているという。

    関係者によると、田坂容疑者は、テクノと呼ばれるクラブミュージックに関わり、瀧容疑者とは、1989年の「電気グルーヴ」結成前後からの友人だったとみられている。

    瀧容疑者のコカインの入手元が国内の音楽関係者と判明し、麻薬取締部は、入手ルートのさらなる解明や、麻薬の使用がどこまで広がっているかなど、全容解明を進める方針。


    【【芸能】「ピエール瀧容疑者」にコカイン譲渡したとされる通訳業の女を逮捕!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.liquidroom.net)


    自粛は仕方ないんでない???

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/17(日) 01:27:01.91 ID:taflmqeX9.net

    テクノユニット「電気グルーヴ」の楽曲配信などがメンバーのピエール瀧容疑者逮捕後に「自粛」されたことに対し、社会学者らが撤回を求めて署名活動を始めた。

    瀧容疑者はコカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたと2019年3月12日に報道された。
    13日には電気グルーヴの所属レーベルが、CDなどの出荷停止と店頭在庫回収、さらにデジタル配信停止を発表し、ファンからも残念がる声が続出していた。

    「誰のためにもならない安易な方策」
    発起人は社会学者の永田夏来氏と音楽研究家のかがりはるき氏。
    「私たちは、過剰な反応とも言えるこの措置に抗議し、すみやかな撤回を求めます」として
    電気グルーヴの所属レーベルであるソニー・ミュージックレーベルズ宛ての署名活動を「change.org」で15日に始めた。

    サイトでは、署名立ち上げの理由を

    「既にCDが高額転売されている現状を踏まえると、音源・映像の出荷停止、在庫回収、配信停止は誰のためにもならない安易な方策なのではないでしょうか。
    30年もの長きに渡って膨大なコンテンツを生み出し、売り上げにも貢献してきた電気グルーヴが、このような安易さの犠牲になるのは見過ごせません」
    と説明。

    「今回のように、所属レコード会社が率先して作品を回収し『前例』をつくることで、他の映画配給会社や放送局等も追従しやすい状況になってはいないでしょうか。
    そこで私たちは、まずピエール瀧さんの活動の基盤である電気グルーヴについて株式会社ソニー・ミュージックレーベルズへ意思表示をすることで、
    過度な自粛・作品の封印といった『前例』自体を変えたいと思っています」
    と訴えた。

    署名は15日17時現在、3000筆を獲得。ツイッターのトレンド欄に「電気グルーヴの音源の出荷停止」が入るなど、反響を呼んでいる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16165777/
    2019年3月15日 17時25分 J-CASTニュース


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)

    電気グルーヴ(2013舞音楽祭)シャングリラ

    ★1: 2019/03/16(土) 07:51:41.00

    ※ 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552705553/


    【【電気グルーヴ】楽曲自粛に社会学者らが撤回の署名!!サイトで3000筆集まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sankei.com)


    また芸能界からこんな話題か。。。。

    1 ばーど ★ :2019/03/13(水) 08:19:36.30 ID:wvZVm9J29.net

     コカインを施用したとして、ミュージシャンで俳優のピエール瀧氏(51)が向精神薬取締法違反で逮捕された。自宅の捜索では薬物こそ発見されなかったが、尿検査で陽性反応が出た。容疑を認めているという。

     ハリウッド俳優が使うなど「セレブドラッグ」とも呼ばれるコカイン。犯罪モノの映画で描かれているように、粉状だとガラス板の上に並べて鼻から吸引し、固形のものだと火で炙ってガラス管で煙を吸ったり、水タバコで吸うやり方が通常だ。

     陶酔感や活力感、多幸感などを覚え、刺激にも敏感になるが、せいぜい5~10分、長くても30分程度で効果が切れ、今度は鬱状態になり、それが嫌で繰り返し使うようになると言われている。失うものが多く、絶対に手を出さないほうが身のためだ。

     わが国の場合、営利目的のない単なるコカイン施用だと、最高刑は懲役7年だ。これから勾留の上で捜査が進められることになるだろうが、いつから、どの程度の頻度で、1回あたりどれくらいの量を施用していたのかといった薬物に対する常習性や親和性のほか、その動機、入手経路などが捜査のポイントになる。

     ただ、この事件だけであれば、起訴後は保釈が認められるのではないか。初犯であり、所持の余罪もないとすれば、弁護側が薬物と手を切る具体的な方策を示すことで、裁判では懲役1年6月、執行猶予3年といった量刑となるだろう。

     以前から「麻取(まとり)」こと厚生労働省関東信越厚生局の取締部からマークされていたようなので、すでに検挙されている密売人や施用仲間から何らかの情報提供があったのかもしれない。今後、芸能界関係者が芋づる式に検挙されるか否かも注目される。(了)

    3/13(水) 7:17 前田恒彦 | 元特捜部主任検事
    https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20190313-00118025/


    【【衝撃】「ピエール瀧」逮捕でこれからどうなる!?芸能界関係者が芋づる式に検挙か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ