まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 images.ciatr.jp)


    今まで何回も見てきて知らんかった。。。。

    1 湛然 ★ :2019/01/12(土) 05:06:38.78 ID:4oKZ7zVq9.net

    [ 2019年1月11日 22:15 ]
    「耳をすませば」14歳の高橋一生の声にネット衝撃 声変わり1週間前の「奇跡」

     11日放送の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(後9・00)で、スタジオジブリのアニメ「耳をすませば」が放送された。

     準主役の天沢聖司の声を担当したのは、当時14歳だった高橋一生(38)。読書好きで、中学卒業後はバイオリン職人を目指しイタリアへ修行に行くという15歳の少年を声で演じている。

     「耳をすませば」は1995年7月に公開された近藤喜文監督(98年没、享年47)の傑作。巨匠・宮崎駿監督(78)が脚本・絵コンテを担当した。
    読書が好きなヒロインの中学3年生・月島雫は自分が借りた本の読書カードに必ず「天沢聖司」の名前を見つけ、自分と本の好みが似ている聖司にほのかな恋心を抱く…というストーリー。

     番組の公式ツイッターでは「さわやかな聖司さんの声を演じたのは、公開当時14歳だった高橋一生さん。当時の収録から1週間後くらいに声変わりが始まったんだそうです。声変わり前の奇跡のようなタイミングで収録されていたんですね」と紹介。
    また「近藤喜文監督は声の出演者を選ぶ時、“日常的な芝居が普通にできる”ことと“実年齢が持つ空気や存在感”を大事にしたいと考えていたとか。。高橋さんは声入れの前の役作りにとても苦労されたんだそうです」と裏話をつづっている。

     視聴者からはツイッターなどで「やっぱり高橋一生って声だけの演技でも上手いなぁ」「聖司くんの声が若い頃の高橋一生っていうのが衝撃すぎる」
    「あの男の子がまさかの高橋一生と知って驚愕している」「声変わり前の高橋一生の声がこうやって聞けるという…耳すまは本当にいいものですね」と声変わり前の高橋の声に衝撃の声が並んだ。


    高橋一生 Photo By スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    1995年、「耳をすませば」完成披露試写会に出席した高橋一生 Photo by スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/11/kiji/20190111s00041000329000c.html





    9 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 05:31:20.80 ID:VksTNVzb0.net

    >>1
    高橋君は僕の仲間だね

            庵野秀明


    82 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 08:05:37.24 ID:FymXlzHV0.net

    >>1
    いや、ある日突然声変わりするもんと違うで?


    2 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 05:07:17.20 ID:Wf2dsOyX0.net

    セリフ棒読みでワロタ


    40 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:56:10.59 ID:SBdY5ee+0.net

    >>2
    それがいいんじゃないの中学生っぽくて

      


    41 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:58:55.42 ID:kaYgcfBj0.net

    >>3
    おまえの整形が失敗に終わったからと言って、他人も同じだと思わない方がいいよ


    69 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:44:53.19 ID:spakZraA0.net

    >>3
    整形してあれなら執刀医は素人かな?


    5 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 05:22:36.86 ID:gccqmkwF0.net

    これは、雫のおとんの棒読みが気になりすぎた。
    一生は自分で顔がしわだらけとか言ってるからまあええやつやとおもう。


    51 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:18:35.51 ID:LcghlhxN0.net

    >>8
    なんだろうこの胸の痛みは


    11 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 05:35:03.66 ID:ircTOZyo0.net

    耳をすませばって何それ?感じだったけど

    観たらめちゃめちゃいい映画じゃねーか

    爽やかで良かった

    ハウルとかポニョより遥かにいい


    13 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 05:37:55.35 ID:O26CzK230.net

    >>11
    ポニョとか病みすぎだからな


    55 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:29:07.45 ID:uz20eT830.net

    >>11
    おっさんになってから見るとグッとくる映画


    56 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:31:22.40 ID:unoz3ztU0.net

    >>55
    「海がきこえる」の方はさらにキタわ


    77 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:54:04.56 ID:k/RqMZY/0.net

    >>56
    氷室冴子の小説が原作だから心情描写が段違い

    続編「アイがあるから」は更にいい


    70 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:46:09.74 ID:GybGcnVE0.net

    >>11
    監督の近藤喜文氏が宮崎氏が作画力も込みで超絶信頼していた人だったからな
    惜しい人を亡くした


    81 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:59:36.69 ID:mpWoUPHR0.net

    >>70
    日テレはジブリをやる時には必ず映写機おじさんを使うべきだな


    16 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 05:52:52.90 ID:MXsTX0PG0.net

    靴職人の彼はこの映画の影響を受けてると思う


    32 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:40:58.41 ID:DZGYWPta0.net

    >>16
    修行年数は影響受けなかったみたいだ


    17 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 05:57:57.40 ID:Tf5ujod30.net

    「耳を澄ませば」って観たこと無いけど、図書カードのエピソード、内田善美の「空の色に似ている」のパクりじゃん
    宮崎駿大嫌いだけど、ますます嫌いになったわ


    19 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:03:56.66 ID:MJ1vYXYg0.net

    >>17
    原作者に言え


    31 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:31:56.25 ID:QpukZ78X0.net

    >>17
    これ原作のある話だから・・・ (原作は少女漫画)
    でも映画の方が正直原作よりかなり面白い

    原作は正直微妙、大まかには同じ話なんだが
    細かい部分が映画でちょくちょく直されてるので映画の方が全然面白い


    43 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:09:59.11 ID:cn5WYDys0.net

    >>17
    監督は宮崎駿じゃないぞ


    67 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:44:06.66 ID:kaYgcfBj0.net

    >>17
    これ知ったかぶりってやつなん?


    78 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:54:06.53 ID:S/oZawGl0.net

    >>17
    原作者は柊あおい
    無知は黙ってようね
    監督も宮崎駿じゃないし


    20 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:04:09.14 ID:JhPniJ9l0.net

    今まで知らんかった
    みんな知ってたの?


    22 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:08:51.52 ID:/3lfGXxM0.net

    >>20
    みんなは知らないよ
    まだ10回くらいしか放送されていないからね


    23 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:12:51.87 ID:nKMtSEt90.net

    柊あおいは当時そんな人気なかった少女漫画家だったのにな、なぜ作品が映画化されたのか謎すぎる
    吉住渉の作品映画化しろよ(´・ω・`)


    28 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:21:05.85 ID:nUxr4acf0.net

    >>23
    星の瞳のシルエットは大人気だった


    57 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:31:59.63 ID:d9qWAcgp0.net

    >>28
    懐かしい


    30 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:24:25.75 ID:gaOBifF40.net

    >>23
    原作代が激安だからでは?

    ジ▶ジブリの原作に使うから0円でいい?
    柊▶えええええ!!!お願いします!

    こういうことだろ


    39 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 06:51:48.75 ID:FB2kEGKT0.net

    >>23
    星の瞳のシルエットも知らずに何を


    59 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:35:00.58 ID:jOMAKDmg0.net

    >>23
    ジブリのオタクレーダーを舐めてはいけない


    61 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:36:18.74 ID:T3jy/ZJF0.net

    >>23
    名作星の瞳のシルエット読め



    79 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:54:14.72 ID:+rK8Zt310.net

    >>23
    りぼん最強か


    80 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:55:57.60 ID:jXU5jH7O0.net

    >>79
    あの頃のりぼんは最強だったよ。
    捨て漫画がほぼ無しだった。


    44 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:14:03.87 ID:GKlL302E0.net

    HEROの初回シーズンに出てたな
    ぽちゃぽちゃで荒川良久みたいだった


    47 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:15:04.04 ID:ZT+wfGMz0.net

    >>44
    出てたの!?知らなかった


    62 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:38:04.76 ID:jOMAKDmg0.net

    >>44
    サッカー場借り切ってサッカーしたガキだっけ?


    48 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:16:24.44 ID:ZPWDTVmy0.net

    星の瞳のシルエットが人気爆発してた頃ってりぼんも一番売れてた頃だもんな
    表紙に200万乙女がなんちゃらかんちゃらって書かれてたっけ
    ジャンプもそうだったから集英社黄金期

    耳をすませばって雑誌掲載したっけ?
    コミック書き下ろし?


    75 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:53:37.93 ID:jXU5jH7O0.net

    >>48
    りぼんで連載したよ。


    53 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:21:23.78 ID:/d2tpW8EO.net

    棒だけど妙にカッコイイ持ち味は変わらんよな


    54 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:24:02.33 ID:1syP+Okb0.net

    信長協奏曲の浅井長政役もハマッてたなあ


    64 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:40:06.55 ID:ZAl4tCH50.net

    恋愛モノだったんだねー(笑)
    なぜか今まで1度も観ることなかった
    宮崎作品って、淡い恋心はあっても、ここまでコッテリなのは珍しくない?


    73 名無しさん@恐縮です :2019/01/12(土) 07:52:37.46 ID:GybGcnVE0.net

    ナウシカもだけど終盤のいいところでCMぶつ切りで台無しだったな
    2017年放送の録画を確認したらナウシカも耳をすませばも終盤はCMぶつ切りせず一気にラストまで通し切った 
      こういうのが嫌だから特別見たい作品以外、金ローも不治の映画番組も見ないようにしてるんだよな
    テレ朝はまだマシな方




      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.cinematoday.jp)


    単純に観たいって思うわwww

    1 ほニーテール ★ :2019/01/06(日) 08:01:15.94 ID:CAP_USER9.net

    木村拓哉の主演映画『マスカレード・ホテル』が1月18日より公開される。監督には、木村主演の大ヒット作「HERO」シリーズでメガホンを取った鈴木雅之、キャストに同シリーズ共演者の松たか子、小日向文世、濱田岳らが名を連ねる。
    本作は、キャスト&スタッフたちの顔ぶれのみならず、木村が挑戦する3つの“初”に注目だ。

    ◆ キムタク“初”の東野圭吾作品は、不思議な縁に導かれて

    人気小説家・東野圭吾による同名小説を原作とした『マスカレード・ホテル』。累計310万部突破の「マスカレード」シリーズの第1作『マスカレード・ホテル』(2011年刊行)の発売から7年の歳月を経て実写化となる。

    東野といえば、小説『白夜行』『流星の絆』『手紙』『新参者』『ガリレオ』シリーズなど数々の人気作を生み出したヒットメーカーだ。『マスカレード・ホテル』の刊行直後には、同作の映像化の話が舞い込んだようだが、東野は“新しいシリーズなのでイメージを固定されたくない”との思いからすべて断っていたという。

    刊行から数年経った今回、“不思議な縁”に導かれ、とうとう映像化にGOサインを出した。その縁とは……実は東野、同作の主人公・新田浩介は「木村拓哉」を思い浮かべながら執筆していたそう。
    本作の話が持ちかけられた際、主演に木村の名が挙がっていたのを見て、映像化を許諾したというのである。

    そんな東野屈指の人気シリーズに満を持して“初”挑戦する木村は、11月20日に行われた完成報告会見で、「断る理由がないなと思いました。(中略)タイトルよりもまず原作者のお名前に目がいってしまいました。オファーを頂いてすごく嬉しかったです」と自身初の東野作品出演に喜びをあふれさせた。

    ヒロインをつとめる長澤まさみも、「私は(本作への出演が決まる前に)小説を読んでいたときから、(新田は)木村さんっぽいなと思っていました。(中略)木村さんは“誠実でまっすぐなイメージ”ですから」と新田と木村のシンクロニシティに太鼓判を押した。

    ◆ 〇〇とは“初”共演、〇〇役に“初”挑戦

    そんな長澤と木村は、意外にも本作が“初”共演。同イベントでは、木村が「一切逃げないし、全力なのを知って、思っていた通りの人」と長澤を称賛。長澤も「私がどんなにぶつかっていっても、それをすべて受け止めてくださる」と木村に対し強固な信頼関係をのぞかせる一幕が見られた。

    過去には、山口智子、篠原涼子、松たか子、中山美穂、常盤貴子、柴咲コウ、竹内結子、北川景子など名だたる女優たちが木村と共演し、魅力ある“キムタク”を引き出してきたが、今回長澤と息の合ったコンビネーションによって生まれた新たな“キムタク”にも大いに期待できそうだ。

    本作では、素性の知れない宿泊客が次々とやってくるホテルを舞台に、木村演じるエリート刑事・新田と、長澤演じる一流ホテルマン・尚美がバディを組んで連続殺人事件解決に乗り出す。

    これまで、ピアニスト、美容師、パイロット、レーサー、検事、総理大臣などあらゆる役に挑戦してきた木村だが、刑事役は今回が“初”。しかも、木村演じる新田は、ホテルマンになりすまして潜入捜査を行う刑事であるため、単なる“刑事”ではなく、“ホテルマンを演じる刑事”を演じる必要があった。
    ひょっとすると、木村史上もっとも難解なチャレンジであったのではないだろうか。

    「HERO」と同じ最強の座組で挑む本作。そこに「東野作品」「長澤まさみ」「刑事役」と、木村にとって3つの“初”が加わることで、新しいキムタク伝説を作り出すことができるのだろうか。『マスカレード・ホテル』に注目だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00010000-dmenueiga-movi&p=2


    【【木村拓哉】『マスカレード・ホテル』で3つの初!!!! 3つのお初とは!?!?www】の続きを読む

    このページのトップヘ