まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:明石家さんま

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/14(土) 07:48:25.47 ID:VsjpOFKO9.net

    お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が13日放送のフジテレビ「さんまのまんま 俺もそろそろ結婚したいなSP」(後8・0)に出演。妻で女優の蒼井優(34)の倹約家ぶりについて明かした。

    駐車料金が上がらないように、蒼井がダッシュで車を取りに行ったというエピソードを紹介した山里は、2人で旅行に行く前の出来事を回想。「僕の漫才のスーツを(蒼井が)クリーニングに持って行ってくれて。
    そうしたら『持っていこうと思ったけど、今日やめといていい?』って言うんですよ、『仕上がって2日以内に取りに行くと200円安くなるから、旅行帰りに出す』って。
    この200円を気にしているあたり、まあ、いい女だと思いましたね」と告白した。蒼井は料理も得意といい、「何でもおいしいけど、特にグリーンカレーが。なんでも本当に(おいしい)、瓦そばとかを作ってくれる」と笑顔で話した。

    このノロケ話に黙っていなかったのが、ゲスト出演した元プロレスラーで前参院議員のアントニオ猪木氏(76)。司会の明石家さんま(64)が、自身と猪木氏の離婚歴を引き合いに、「両方とも女優で失敗している」と切り出すと、猪木氏は山里に向け「これから苦労するのに、馬鹿だな~って」とキツい一撃。
    山里が私生活について、「尻に敷かれている感じですけども、あっちが立ててくれるんで」と続けると、猪木氏は「今のうちだけだよ」。山里は「クソー」と苦虫をかみつぶした顔をしていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17079503/
    2019年9月13日 22時43分 スポニチアネックス


    【【山里亮太】「妻・蒼井優」との新婚生活エピソードをおノロケwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    批判の声多し。。。。。。

    1 ひかり ★ :2019/09/08(日) 13:54:56.36 ID:JDBGcIhT9.net

     明石家さんま(64)が7日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜、後10・00)に出演。兼近大樹(28)の逮捕の過去が報じられたお笑いコンビ・EXITに触れ
    「これからあいつら、今すごい時やから、これに負けんように頑張ってもらいたい」と励ました。

     この日の放送で、ことあるごとに「イグジィ~ット」と連呼していたさんま。共演の村上ショージ(64)から下ネタをたしなめられると「イグジィ~ット」と叫び、続けるように「EXITのことは
    コメントできないし…コメントしようもない」としながらも、エールを送った。

     兼近は未成年時だった11年4月、売春防止法違反容疑で北海道警に逮捕され、10万円の罰金刑を受けていたと週刊文春に報じられていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000155-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567867914/


    【【明石家さんま】 逮捕歴報道の「EXIT」にエールを送る!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nobiciro.com)


    まだまだ引退はしないだろうけどwww

    1 Egg ★ :2019/09/09(月) 06:38:19.16 ID:o8ViL6VS9.net

     昨年、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)の「好きな芸人・嫌いな芸人2018」ランキングで異変が起こった。「好きな芸人」部門で、調査開始以来、不動の首位を保ってきた明石家さんまが敗れて、新たにサンドウィッチマンが1位に輝いたのだ。さんまを上回る次世代の好感度No.1芸人の誕生は、大きな話題になった。

     しかし、今年はさらに驚くべきことが起きた。『日経エンタテインメント!』2019年8月号で発表された「好きな芸人・嫌いな芸人2019」で、さんまが初めて「嫌いな芸人」で1位になってしまったのだ。もちろん「嫌い」と思うほど感情が動くのは、それだけ認知されている証拠でもある。いわば、嫌いな芸人として名前が挙がるのは人気者の宿命でもあるのだ。

     それでも、あのさんまが1位になるというのは衝撃的だ。40年以上にわたって幅広い世代に愛され続けてきたさんまに、いま逆風が吹いている。そんな空前の事態が起こったのはなぜなのか、改めて考えてみたい。

    ■なぜ好感度が下がっているのか

     記事の中でさんまを嫌いだと思う理由として挙げられているのは、「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)といった意見である。さんまを根強く支持していたはずの熟年世代からも、このような批判が出てくるようになっているのだ。ここで挙がった「価値観の押し付け」「何でも自分の話にする」という2つの問題について順番に検討していこう。

     まず、1つ目の問題について。確かにここ数年、さんまのテレビやラジオでの発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。「いい彼氏ができたら仕事を辞めるのが女の幸せ」といった旧来の価値観の押し付けに思えるような発言や、「カトパン(加藤綾子)を抱きたい」というセクハラまがいの発言、さらには剛力彩芽などの若い女性タレントを本気で狙っていると公言したりするところが、バッシングの対象になっている。

     つい最近も、8月20日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、性別非公表のものまねタレントのりんごちゃんに対して「りんごちゃんなんかは男やろ?」と詰め寄った。空気を察してヒロミがすかさず「りんごちゃんはね、そういうのないの、性別がないの」とフォローを入れると、さんまはそれでも納得せず「おっさんやないか、アホ、お前」と声を荒げた。

     りんごちゃん自身は場を収めようと「人それぞれの捉え方でいいんです」と答えていたが、ネットではLGBTに関してあからさまに無理解であるように見えるさんまに対する批判が相次いでいた。

     セクハラやパワハラに対する世の中の意識が変わり、それに伴ってテレビの世界でも、露骨にセクハラ・パワハラ的な言動を見せるタレントは少なくなっている。そんな時代に、さんまだけが旧態依然とした価値観にとらわれ、世の中の空気にそぐわない発言を連発している。それに違和感を抱く人が年々増えているのだろう。

    9/8(日) 5:40配信 東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00300321-toyo-bus_all

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1が立った日時:2019/09/08(日) 09:49:02.3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567921065/


    【【お笑い「明石家さんま」お笑い怪獣の限界か!?!好感度がダダ下がりはなぜなのか。。。。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.uwasa-suki.com)


    人それぞれ好き嫌いはちがいますからねwww

    1 Egg ★ :2019/08/10(土) 09:53:05.97 ID:s5MCgVxG9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    2019年版「一番嫌いな芸人」は、明石家さんまが初めて1位になった。かつては他を寄せつけない強さを見せていた「ミスター好きな芸人」だったが、同部門では今年も2位。
    最近は、番組での発言がたびたび批判の的にもなっている。彼が変わったというより、時代の空気が変わった結果かもしれない。

    日経エンタテインメント!では、2019年で16回目となるお笑い芸人の人気調査を実施。全国の男女1000人を対象に「一番好きなお笑い芸人」「一番嫌いなお笑い芸人」「この1年で最もブレイクしたと思うお笑い芸人」
    「これから1年で消えると思うお笑い芸人」の4項目で人気度を調査した(調査の詳細は関連記事「好きな芸人、サンドウィッチマンが連覇 さんま2位」をご覧ください)。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    数値は、その理由を選んだ割合(複数回答可)。「全体平均」は回答者全員(1000人)の平均値
    明石家さんまを嫌いという理由のトップは「ネタがつまらないから」(61%)。男性の拒否反応が強く、なかでも25~34歳で1位に。しかし、人気が根強かった熟年世代からも「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)など厳しい声が多かった。さんま流トークに対する世間の受け止め方が変わったといえそうだ。

    昨年まで3年連続1位だった石橋貴明は2位。一番多い理由は「キャラクターが嫌いだから」(70%)で、35~44歳女性の間では1位だった。
    かつてのやんちゃキャラも今はすっかり鳴りを潜めているが、「傲慢で生意気」(59歳男性)といった声がまだ散見される。

    3位はアキラ100%。「ネタがつまらないから」(57%)が理由のトップで、「笑いを取るための努力が痛々しいものは、見ていて疲れる」(69歳女性)など、女性からの辛口意見が目立つ。
    しかし、ブレイクから1年以上経過した今もコンスタントにテレビ出演を続けていることから、支持する層も根強くいるといえそうだ。

    新顔はクロちゃん、村本大輔、久保田かずのぶ、ナダル、相席スタート、アキナ、中田敦彦の7組。共通するのはネットでの炎上だ。

    3位のクロちゃんは、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の常連。これまでも同番組で見せてきた嘘つきぶりや泥酔した姿が度々批判の的になっていたが、昨年10月にスタートした恋愛リアリティー企画「モンスターハウス」に対してネット上は「気持ち悪い」「見たくない」の大合唱となった。

    8/9(金) 9:01配信 ニッケイスタイル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00010004-nikkeisty-ent

    2019/08/09(金) 17:38:26.45
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565339906/


    【【芸人】「一番嫌いな芸人」をアンケート! 1位はなんと初の・・・・!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 wezz-y.com)


    収集つくんだろうか、この騒動。。。

    1 ひかり ★ :2019/07/28(日) 08:23:48.85 ID:i5X/KHsO9.net

    明石家さんま(64)が27日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、吉本興業の騒動について「吉本が元に戻っても、こういう今みたいな状況になる。
    元に戻さんほうがいいねん」と自身の見解を述べた。

    さらに「若い、困ってるやつらを助けられるよう、中にいるつもり。当事者としてはちょっと時間かかるけど、明石家さんまとしてできることは何かと」と
    若手への思いも口にした。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-07280016-nksports-ent

    前スレ
    【芸能】さんま、吉本騒動に「元に戻さんほうがいいねん」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564257392/


    【【明石家さんま】吉本騒動に「元に戻さんほうがいいねん」とコメント!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ