まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:工藤静香

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.officiallyjd.com)


    並んでしまうとちょっとかわいそうかも。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/12(日) 10:17:38.52 ID:pN2TNx7J9.net

    木村拓哉の娘でモデルのKoki,に、キムタクファンからもバッシングが強まっている。特に「カラダがきゃしゃ過ぎる」「スタイル悪過ぎ」などといった〝モデル〟という職業に対しての呆れ口調のものが目立つ。

    「親の七光りなんてことは皆が分かっています。だから何の実績もない〝モデルデビュー〟も、最初はそれなりに微笑ましかった。
    ところが最近は『本当にモデルやるんだ!?』などと、木村のファンからも嘲笑続出。
    ジャニーズ御用達マスコミはいつも絶賛ですが、そんなことを書けば書くほど、ファンはドン引きするのです」(ジャニーズライター)

    Koki,は去る5月3日、パリで開催された高級ブランド『シャネル』のコレクションでランウェイデビューを果たした。

    「パリコレのようにブランド各社が自社ブランドを披露し合うようなショーではなく、あくまで『シャネル』単独の宣伝ショーでした。
    Koki,は専属ということではなく、日本人のゲストモデルとして登場。100人以上は出ていたと思われ、その他多数の中にKoki,もいるという感じでした。
    彼女は多くの業界関係者、マスコミの前を歩いて通ったのですが、彼女のスタイルの悪さは際立っていましたね。極端に言えば、ただのギャルモデルにも見えました」(芸能ライター)

    やはり敷居が高すぎた
    Koki,は現在、パリのモデル事務所に所属しているのだという。

    「シャネル公式サイトではショーのダイジェスト映像も公開され、それにKoki,も映っています。
    彼女が他のモデルに続いて控えから出るところも映っているのですが、周りのモデルたちに比べて顔の大きさと体の大きさが違い過ぎるため、遠目からでもKoki,だと分かるほど。
    ある意味すごい存在感ですが、さすがにブランドイメージもあるのか、日本向けでも映ったのは約14分の映像のうちの数秒でした」(同・ライター)

    翌日、Koki,寄りのスポーツ紙や芸能サイトは即刻報道。これが物議の的となった。

    「どこも修正なしのナマ写真を掲載したわけですが、やはりとてもモデル体型とは言えない。
    いいかげん身長の公称170センチというのも、ちゃんと修正すべきでしょう。当日は上からブーツまで白ずくめ。

    ランウェイですし、例のヨロヨロする上げ底も履けず普通の白ブーツ。だから余計に小さく見えたのかもしれません。
    体は母親の工藤静香に似て本当にきゃしゃ。顔と体のバランスが悪い上にO脚。
    今や木村のファンからも『親のコネでもカラダだけは変えようがないよなぁ』などと、哀れむ声さえ出る始末です」(前出のジャニーズライター)

    ネット上では他にも、

    《牛乳を毎日たくさん飲まなきゃね》
    《バスケやバレーをやれば背は伸びるよ》
    《1日3分鉄棒にぶら下がろう》

    など、モデルとしての活躍を一緒になって願っている木村ファンからのアドバイスも散見されている。

    Koki,はまだ16歳。これらのことがウソかホントかは分からないが、少しでも身長が高くなるよういろいろ試すのも遅くはない。ガンバってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1820629/
    2019.05.12 07:30 まいじつ


    【【koki】ランウェイがあまりにも・・・とキムタクファンからも非難の声が!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    あの二人が両親ってなるとそりゃねぇ・・・

    1 ほニーテール ★ :2019/05/01(水) 21:14:50.37 ID:qcccVltQ9.net

    ◇Koki,初の独占インタビュー(2)

     ――平成はどんな時代でしたか。

     「災害も多く大変な悲しみもあった中、再起する人間の強さも感じました」

     ――個人的には?

     「平成は自分の起点であり、新しい挑戦もあり、新しい世界と新しい自分を見つけさせてくれた時代です」

     ――令和はどんな時代にしたいですか。

     「多くの命が奪われる戦争だけは起きてほしくない。争いがないことを願います。そのためには今まで認められなかったものが認められる時代になってほしい。みんなが何かを受け入れる、そんな時代になってほしいです」

     ――寛容さが求められる時代だと。

     「例えばどの国でもまだ男女の格差はあると思うし、どの国の人が嫌いとか肌の色などでの差別とか、そういったことがまだ存在していて、そこから生まれる争い事が今でもある。そういった“他者との違い”をみんなが普通に受け入れられる、そんな時代になればいいなと思います」

     ――そのためには?

     「当たり前であることを当たり前にすることが、凄く大切だと思うんです。どの時代でも、誰かが悪いって言ったら、みんなが束になって悪いと言う傾向がある。自分の意思とか自分の考えていることを曲げず、自分を強く持つことが大切だと思うんです」

     ――万葉集など和歌に触れたことは?

     「幼い頃、おばあちゃんが持っていた百人一首を床に並べて遊ぶのが好きで。おばあちゃんやお母さんが詠んでくれた、その音の響きは音楽でも詩でもない独特のもので。小学生になってから歌の背景とか作者の気持ちなどを知り、もっと好きになりました」

     ――いわゆる歌謡曲などの昔の歌で好きなものは?

     「美空ひばりさん。生でライブを聴けたらと凄く思います」

     ――どこが魅力?

     「あの歌声と表現力、間の取り方、息の吸い方とか、挙げたらきりがないくらい全部好きです。彼女の歌声が好きだから、たとえ歌詞がなくてメロディーだけを彼女が口ずさんでいても好きです」

     ――どうして知ったの?

     「You Tubeです」

     ――そうなんだ!

     「動画を見た時、小さい頃におばあちゃんがよく歌っていたことを思い出しました。昔の曲が好きなことも大きいと思います」

     ――昔の歌とは?

     「民謡や子守歌、童謡。独特の音階やリズムの取り方があって、一回聴いただけでこの曲なんだって思わせるインパクトがある」

     ――子守歌は?

     「小さい頃、お母さんがよく歌ってくれていたのが♪ねんねこ しゃっしゃりまーせ…という歌で。まだちゃんとしゃべることもできなかった頃の記憶で。この前、家族で食事している時にこの話題になって、まだ覚えているんだ!ってみんなで驚きました」

     ――よく覚えていましたね。

     「明るい童謡も歌ってくれていたと思いますが、日本特有の音階が生み出す、胸にズキッとくる、心を揺らすメロディーの方が体に染み込んでいます」

     ――ひばりさんを好きな理由が分かった気がします。

     「同じものを彼女の歌声から感じているのかもしれません」

     ――平成のスターといえば誰ですか?

     「お父さんとお母さんです」

     ――当たり前といえば当たり前かもしれないけど、なぜ?

     「例えばお父さんだったら演技をしている時とか、お母さんだったら歌っている時とか、その姿はやっぱりいつもと違うんです。私はそのお父さんとお母さんを見るのが凄く好きだった。今でもそうです」

     ――両親だけどスターなんですね。

     「2人の歌を聴くのも凄い好きなので。おなかの中にいる時から聴いている声や歌なので、やっぱり体に染み込んでいるんだと思います」

     ――お母さんの好きな歌は?

     「めちゃくちゃに泣いてしまいたい、Lotus、深紅の花、深海魚、まだまだいっぱいで、雪・月・花と…」

     ――取材の時間なくなっちゃうね(笑い)。

     「あっ!すみません(笑い)」

     ――SMAPの歌も好き?

     「もちろんです!特にライブは大好きで、いつも楽しみにしていました。歌っている時も踊っている時もカッコいいお父さんを見るのが大好きでした」

     ――来年には東京五輪があります。

     「日本を代表して出場する皆さんが“令和の歴史”に刻まれる瞬間を家族とおうちで見ながらいっぱい応援したいです」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000105-spnannex-ent


    【【Koki】平成のスターは「両親」『SMAP』ライブはいつも楽しみにしていた!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 knowsfree.com)


    ずいぶんイメージ変わった~!! 16歳とは思えない!!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/27(土) 17:10:40.50 ID:Pks7jgxc9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    木村拓哉(46)と工藤静香(49)の次女で、モデルのKoki,(16)が25日、自身のインスタグラムを更新。ふだんの印象とは異なる大人びたメイクを施した画像を公開した。
     
    すっぴんはまだあどけない印象のあるKoki, だが、この日は一味違った。色味を抑えたカラーレスメイクながら、キリッとした太眉、ブラウンのアイシャドーと目じりを跳ね上げたアイラインで小悪魔的な色っぽさを演出。
    さらにはウェットで柔らかなウェーブの黒髪が健康的な肌の色とマッチして、凛とした美しさを醸し出している。 
     
    「Vogue Japan June issue」と26日発売のファッション誌「VOGUE JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の告知がされており、雑誌用に撮影された1枚のようだ。 
     
    女性向けのネット掲示板でも、「一瞬武井咲に見えた」「雰囲気変わるね」「このメイク似合ってる」「この写真は素直にかわいいと思う」と高評価。両親も愛娘の変貌ぶりに驚きを隠せない。 
     
    ※画像はKoki,のインスタグラムアカウント『@kokiofficial_0205』より

    http://dailynewsonline.jp/article/1796503/
    2019.04.26 23:05 日刊大衆


    【【Koki】イメチェンした姿が話題に!! 本当に16歳!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.walkerplus.com)


    何やっても叩かれるようになってしまってるね~。。。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/14(日) 11:44:42.25 ID:G7ZGmwM19.net

    木村拓哉(46)工藤静香(49)夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ=16)が、誕生日を迎えた母とのツーショット写真を公開し、祝福した。

    工藤の誕生日である14日、インスタグラムを更新。母と一緒に撮影した幼少期と現在のツーショット写真をアップし、「ママ、お誕生日おめでとう。私はこの愛情のある家族に生まれ、そのようなスーパーママを持つことができたことにとても感謝していてラッキーです!人々が何を言い、あなたをどのように判断しても、愛と希望に満ちた私を育ててくれて本当にありがとう。ママのように心に強く訴える人を持つことができて、私はとてもラッキーです。いつも私を支えてくれてありがとう。あなたが毎日家族のために作るおいしい料理をどうもありがとうございました。
    あなたをパートナーに持つパパは最も幸運な人だと思います! わたしがどんなに『ありがとう』を言いたいか、言葉では言い表せられないけど、心の底から感謝したいと思います。大好き!」とつづった。

    また、工藤はこの日、カバーアルバム「DeepBreath」が6月12日に発売されることを発表。自分のインスタグラムで「いつも私を支えてくださっている皆さま!沢山のメッセージをありがとうございます。これからも一緒に時を重ねて、とにかく頑張って進んでいきましょう。もしくじけそうになる時があるのなら、このアルバムを聴きながらゆっくりと呼吸を感じてみて下さい 
    自分にとって『何が1番大切か』それだけしっかり捉えられる事が出来れば何とか前に進めると、私は信じています」とつづった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16314488/
    2019年4月14日 11時3分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)
     
     


    【【Koki】母工藤静香の誕生日祝うコメントが話題に!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 purulife.site)


    やっぱりモデルさんとなるとこだわりたいのかね~。。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/23(土) 18:18:02.54 ID:stOXFR5+9.net

    相変わらず賛否両論が激しいKoki,だが、そもそもなぜ〝高身長〟をアピールする必要があるのか。

    「実際の身長は、昨年デビューした当初から170センチはないと思われていました。
    ハイヒールが異様に高くて、それで身長を盛っているという感じだったからです。165センチぐらいだろうとみられていました」(芸能ライター)

    しかし、最近のネットの分析や記者などの話を総合すると「165センチもない」という説が圧倒的だ。

    「母親の工藤静香と並んだプライベート写真も多く出回るようになりました。それらの写真を見る限り、Koki,と静香はほぼ同じ。
    静香は公称163センチですが、それ以下という説もある。
    つまりKoki,はマックスで静香と同じか、それより低いというのが定説になっています」(同・ライター)

    仮に163センチだとして7センチ以上のヒールを履けば、〝込みで170センチ〟になるわけだ。

    今さら引けない高身長路線

    「デビュー直後、一部週刊誌に、顔は父の木村拓哉を受け継ぎ、体は華奢な静香にソックリと書かれた。
    イイとこ取りということではなく、全体のバランスが悪いという意味でした。つまり、モデルとしてはプラス要素にならない。
    そこで〝上げ底〟で身長偽装したようです」(女性誌記者)

    近年、日本人は年々背が低くなっているという。昨年2月、国立系の研究所が発表した〝300万人を超す身長データ〟によると、昭和53~54年生まれで男性171.46センチ、女性158.52センチ。平成8年生まれは同170.82センチ、158.31センチという数値が出ている。
    最近の別機関のデータでは、同170.7センチ、158.0センチという数値もある。

    「父の木村は公称176センチ、実際は170センチ前後とされ、いつもネタにされてきた。
    木村家は背の高い家系なのだとKoki,を使って演出したという話もあるほど。
    女性なら、ヒールを履けば身長も分からない。ただ日本人の背が低くなっているのはニュースでも流されているし、高身長を気取っても意味があるのかどうか…。
    バレている分、格好悪いと思いますけれど」(同・記者)

    高ければイイというもんじゃない――。こんな世の中の流れをデビュー前に気付いていれば、果たしてどうなっていたのだろうか…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1743197/
    2019.03.23 11:01 まいじつ
    ?

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【芸能】木村拓哉の娘「Koki」はなぜ『高身長』にこだわるのか!?!?】の続きを読む

    このページのトップヘ