まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:女子テニス

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dol.ismcdn.jp)


    なんか残念だなぁ。。。。。

    1 ばーど ★ :2019/02/12(火) 11:48:38.87 ID:4CP8bO5K9.net

    コーチ関係の解消を海外メディアも続々報道

     テニス女子シングルス世界ランク1位の大坂なおみ(日清食品)は12日、コーチのサーシャ・バイン氏との契約解消を自身のツイッターで発表した。グランドスラム2大会連続優勝を支えてきた手腕を誇る名コーチとの師弟関係解消を、海外メディアは驚きと共に伝えている。

     アジア勢史上初の世界1位に輝いたばかりの大坂は自らのツイッターで衝撃のニュースを発表した。

    「サーシャとは今後一緒に活動しない。彼の仕事ぶりに感謝しているし、将来の成功を祈っている」とつづると、、なおみ旋風の立役者として支えていたバイン氏もこのツイートをリプライ。「ありがとうナオミ。僕も、本当に幸運を祈っている。なんという道のりだったんだろう。僕を加えてくれてありがとう」と感謝の気持ちを示していた。

     今月の全豪オープンで優勝を果たしたばかりの新女王がよもやの方向転換。栄光の舞台となった豪州のメディア「ニュース.com」は「想定外のナオミ・オオサカの発表はテニス界を震撼させる」と特集した。

    「全豪オープン女王ナオミ・オオサカは度目のメジャータイトル獲得後、誰も理解できない衝撃の発表を行った」と記事では報じている。

    バイン氏の卓越した手腕に称賛の声も

     英公共放送「BBC」も「ナオミ・オオサカ、世界ナンバーワンがコーチのサーシャ・バインと離別」と速報。「離別の理由は明らかにされていない。長期計画の真っ只中にいると、彼が発言してから6か月も満たない時点で起こった」と伝え、過去にバイン氏は大坂との師弟関係が長期に及ぶという見通しを語っていたことを振り返っている。

     フランス地元紙「レキップ」も「ナオミ・オオサカはサーシャ・バインからもう指導を受けない」と特集した。

     特集ではバイン氏の卓越した手腕を高く評価。「2017年末から彼女と仕事をしてきたバインのリーダシップの下で、オオサカは流星のような進歩を遂げてきた。世界ランク68位から世界のトップに立った。あまりに美しい成功だった」と絶賛している。。

     昨季のWTA年間最優秀コーチを受賞したばかりのバイン氏。不調に陥った選手が環境を変えるために、コーチを変更することはテニス界では珍しくないが、これから全盛期を迎えようとしていた“最強タッグ”の決断は世界中に波紋を広げている。(THE ANSWER編集部)

    2019年2月12日 11時33分
    THE ANSWER
    http://news.livedoor.com/article/detail/16008315/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    関連スレ
    【テニス】大坂なおみ選手、サーシャ・バイン コーチと決別★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549938204/


    【【衝撃】「大坂なおみ」 サーシャ・バイン コーチとの契約解消を発表!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 portal.st-img.jp)


    すごいすごい!! 優勝いけるぞーーー!!!

    1 豆次郎 ★ :2019/01/21(月) 12:01:30.07 ID:J2dtXPSJ9.net

    1/21(月) 12:00配信
    大坂なおみ 全豪OP初8強へ進出、杉山愛以来 日本女子19年ぶり<テニス>

    テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、女子シングルス4回戦が行われ、第4シードの大坂なおみが第13シードのA・セバストバ(ラトビア)を4-6, 6-3, 6-4の逆転で破り、初のベスト8進出を果たした。日本女子では、2000年に8強入りした杉山愛以来19年ぶりとなった。


    世界ランク4位の大坂は第3ゲームで同12位のセバストバに鋭いウィナーを決められると、自身はフォアハンドのミスを重ねてブレークを許す。第7ゲームではドロップショットを決めるなどで対抗したが、挽回できずに第1セットを落とす。

    第2セットに入ってもミスが止まらない大坂は本来の力を発揮できず苦しむも、第6ゲームでブレークに成功するとセットカウント1-1に追いつく。

    ファイナルセットでは第1・第7ゲームでブレークに成功した大坂が勢いに乗り、リードを守って勝利した。

    準々決勝では、第6シードのE・スイトリナ(ウクライナ)と対戦する。スイトリナは4回戦で第17シードのM・キーズ(アメリカ)を下しての勝ち上がり。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010004-tennisnet-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【テニス】「大坂なおみ」やったぞーー!! またも逆転で 全豪ベスト8進出だ~!!】の続きを読む

    このページのトップヘ