まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:今泉佑唯

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.ohtabooks.com)


    みんな裏では大変な事になってるのかねぇ~

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/18(木) 20:05:32.53 ID:B5gYwb689.net

    かつては2軍的存在だった下部組織『日向坂46』(旧『けやき坂46』)の勢いに押され、すっかり〝下剋上〟を果たされてしまった感のある『欅坂46』。
    そんな「欅坂」の腐敗しきった内部事情を、『週刊文春』が運営する『文集オンライン』がスクープした。

    重い口を開いたのは、昨年同グループを卒業した今泉佑唯の周辺人物。
    今泉はかねてメンバーとの不仲により卒業したとウワサされていたが、「文春」は家族や友人を取材し〝不仲〟の裏付けとなる証言を得て掲載に踏み切ったのだ。

    同記事で公開された今泉の兄の証言によると、やはりグループ内では〝今泉イジメ〟が横行していたそう。
    体調不良を理由に活動を一時休止した2017年4月から、復帰を経て卒業する18年11月まで、およそ1年半もの間続いていたのだという。

    さらに、今泉はイジメの件を友人に相談しており、記事中にはその生々しい実態が。
    活動休止中、とあるメンバーから「戻って来なくていいよ」との連絡が入り、また別のメンバーからは〝センター〟である平手友梨奈を引き合いに「平手が築き上げた欅をお前が壊している」「死ね」と面と向かって罵倒されたとの証言が掲載されている。

    エスカレートするイジメと被害者をたたくファン
    他にも、自身の持ち物が隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられ締め出されるなど、今泉へのイジメは陰湿さを増す一方。
    さすがの運営もメンバーからの聞き取り調査に乗り出し、イジメがあったことを認めた上で「主犯格の5人を辞めさせる」とことを今泉に約束したのだという。

    しかし、実際にメンバーが解雇されることはなく、運営側はグループのイメージダウンを恐れたのか事実隠蔽へ一直線。
    イジメもどんどんとエスカレートしていき、今泉はストレスで耳が聞こえづらくなる「心因性難聴」の診断を受け、ついに卒業を決意した。

    「各所で話題になっていたように、今泉の卒業理由が不仲であることは業界内で有名な話。
    しかし、多くの『欅坂』ファンは『みんな一致団結してガンバってるところに水を差すフェイクニュース』などと、かたくなに認めようとせず、それどころか『今泉の虚言では?』『辞めてから暴露する裏切り者』などと被害者をたたく心ない者さえいました。

    また、組織全体がこれだけ腐っているとなると、被害者が今泉だけだったとは到底考えられません。
    今後、志田愛佳や長濱ねるなど、逃げるように突然グループを卒業した者たちも、続々と告発に踏み切るかもしれませんね」(アイドルライター)

    実際、2月17日放送の『欅って、書けない?』(テレビ東京系)では、志田をグループから葬ったきっかけとなった『週刊文春』ネタで、メンバーたちが大笑いする一幕もあった。

    同じく秋元康氏プロデュースの『NGT48』は、メンバー内の不仲が原因で暴行事件という大問題が起き、グループ再編による〝解散〟が決まったばかり。
    腐った内情を改善しなければ、「欅坂」の解散も他人事ではなくなるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1782816/
    2019.04.18 17:30 まいじつ


    【【欅坂46】イジメ告発には他にも!?「今泉佑唯」以外にも!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.pinimg.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/04/14(日) 12:50:17.15 ID:lmoJSVf69.net

    元「欅坂46」で女優の今泉佑唯(20)が、2018年に同グループを卒業した理由が、複数のメンバーから受けていた陰湿なイジメにあったことがわかった。
    今泉の家族や近親者、親友などが「週刊文春デジタル」の取材に答えた。

    今泉の実兄が証言する。

    「ファンの間では、平手友梨奈さん(17)や志田愛佳さん(20)との不仲が噂されているようですが、彼女たちは『よき相談相手だった』と妹から聞いています。
    ただ、その平手さんを崇拝する“取り巻きメンバー”の5人が問題だった。妹が注目を浴びるのが許せなかったようです」(今泉の兄)

    イジメの主犯格はA子~E子の5人。今泉は2017年4月13日、体調不良を理由にグループの活動を一時休止。
    同年8月復帰をしたものの、2018年にグループを卒業したが、イジメは2017年の復帰から2018年に卒業するまで約1年半にわたって続いたという。

    今泉は親友にLINEで相談をしていたが、イジメが顕著になったのはファーストアルバムで今泉がソロ曲を与えられてからだった(2017年7月リリース「真っ白なものは汚したくなる」)。

    調不良で一時休止中、A子からは「戻ってこなくていいよ」と連絡があり、B子には「平手が築き上げた欅をお前が壊している」と面罵された。
    ほかにも「死ね」などの暴言、化粧品や靴下が片方だけ隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられて入れないこともあったという。

    「運営幹部はメンバー全員から聞き取り調査をして、イジメがあったことを認めているんです。『主犯格5人を辞めさせる』とまで約束したそうです。
    シングル『アンビバレント』の振りの練習の頃だと聞いています。ですが、実際には主犯格らが辞めさせられることもなく、イジメはエスカレートしていきました」(同前)

    今泉は自殺を考えることもあったという。心労から耳が聞こえなくなり病院で「心因性難聴」とも診断された。

    結果、今泉は卒業を決意。だが、運営側はイジメの事実隠蔽に血道を上げ、関係者から元メンバーにまで箝口令を敷いたという。

    「運営側はいかに美談で終わらせるかばかり気にしていたそうです、書いたブログも直させられた。佑唯はイジメを匂わせるような表現をしていましたが、一連の描写は使えないと突き返された」(近親者)

    4月9日、今泉本人を直撃したところ、「イジメがあった?」との質問に「すみません」を繰り返し、言葉少なに立ち去った。

    イジメは別の人気メンバーにも波及するなど、”第2のNGT事件”の様相を呈している。4月8日、グループの実質的な運営トップである秋元康氏を直撃した。

    ――欅坂でイジメがあった?

    秋元「いや、それは聞いてないです」

    ――聞いていない?

    秋元「はい」

    欅坂運営や今泉の所属事務所に取材を申し込んだが、期日までに回答は得られなかった。

    グループ内の危うい人間関係や、臭いものに蓋をするような運営の対応、5人のメンバーによるイジメの陰湿な手口などは「 週刊文春デジタル 」の オリジナル記事 で詳報する。今泉や秋元氏の直撃取材の模様を収めた関連動画も公開する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00011490-bunshun-ent

    ★1が立った日時:2019/04/13(土) 22:45:42.47

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555192113/


    【【衝撃】今度は欅坂!?「今泉佑唯」“卒業の真相”は陰湿イジメ!?!?】の続きを読む

    このページのトップヘ