まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:チキンラーメン

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 buzz-plus.com)



    1 ばーど ★ :2019/03/05(火) 19:03:33.00 ID:yreRE//w9.net

    日清食品は3月4日、創業ブランドである「チキンラーメン」が、発売60周年目に史上最高売上を記録したと発表した。

    1958年8月25日に発売した世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」は、日清食品の創業者・安藤百福が「お湯があれば家庭ですぐに食べられるラーメン」の開発を目指し、自宅の裏庭に建てた小屋で丸1年間、1日の休みもなく研究を続け、数々の苦難を乗り越えて生み出された商品。

    「チキンラーメン」とともに産声をあげたインスタントラーメンは、日本だけでなく世界の食文化を革新し、今や世界総需要が年間1,000億食を超える一大産業に成長を遂げている。

    同社は「チキンラーメン」ブランドの史上最高売上達成を目標に掲げ、2017年度から2年がかりでさまざまな施策を展開。
    袋麺市場が長期縮小を続ける厳しい環境の中、新提案「お椀で食べるチキンラーメン」や「アクマのキムラー」など斬新なブランドコミュニケーションや積極的な販促活動によって、定番の「チキンラーメン」が大きく売上を伸ばすことに成功。

    さらに、安藤百福とその妻・仁子をモデルにした連続テレビ小説「まんぷく」(NHK)の効果も相まって、2019年3月1日(金)に売上高の最高記録を更新し、2018年度は史上最高の売上を達成することになった。

    2019/3/4 12:44 ナリナリドットコム
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190304-21770562-narinari

    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    ★1が立った時間 2019/03/04(月) 14:33:24.78
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551699548/


    【【話題】「チキンラーメン」60年目にして史上最高売上を記録!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 realsound.jp)


    あれが売り切れちゃうってすごいwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/13(水) 10:32:38.55 ID:6Jy9auYJ9.net

    13日に放送されたNHK連続テレビ小説「まんぷく」で、ついに萬平(長谷川博己)が即席ラーメンを完成させ、まんぷくファンからは労いの声が上がった。
    ただ最後に真一(大谷亮平)が考え込む表情を見せて番組が終わったことに、不安の声も上がった。


    10月の放送開始から5カ月。不当逮捕や会社の倒産などの数々の苦難を乗り越えて、ついに萬平が即席ラーメンを完成させた。
    試食会場では万歳の声が沸き起こり、厳しい評価を下し続けた鈴(松坂慶子)も合格点。試食した萬平の息子・源が「萬平と福子でまんぷくラーメン」と名付け、立花家は幸せに包まれる。

    ついにラーメンが完成したことに、ネットのまんぷくファンも歓喜。「完成おめでとう」「チキンラーメン食べたくなる」「今日のお昼はまんぷくラーメン」「食べたい」「萬平さんが鈴さんと喜びのハグをしているシーンで泣けた」など祝福の声が上がった。

    ただ、最後に試食した真一の考え込む表情が気になる人も。「あさイチ」の博多華丸大吉も、朝ドラ受けで「ラーメン完成しました。良かった」と拍手。
    華丸も「ここから進駐軍に捕まらなければ大丈夫」と胸をなで下ろした。

    だが大吉は「真一さんがちょっと最後…」とやはりあの表情が気になった様子。
    すると華丸は「僕は多分言い出すと思う」と切り出すと「この麺にくぼみをつけて卵を落とす…」
    と現在のチキンラーメンの形をなぞると大吉は「いやいや、だとしたら(真一は)予言者だよ」と笑っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16013210/
    2019年2月13日 9時43分 デイリースポーツ


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【朝ドラ】「まんぷく」効果!? チキンラーメンが品切れ続出!!www】の続きを読む

    このページのトップヘ