まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    タグ:エイベックス

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)


    一応実在してるようには見えるけどwwwww

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/30(金) 19:19:13.10 ID:H9afdDkC9.net

    “令和の歌姫”としてエイベックスが大々的に売り出すはずだった新人歌手・安斉かれん(20)は、実在しないのか!? そんなウワサがまことしやかに流れている。期待の超大型新人という触れ込みだったにもかかわらず、まったくと言っていいほど、プロモーション活動が行われていない。あまりにも不可解すぎる扱いに、バーチャル歌手説まで浮上している――。

     音楽業界は昨年後半、安斉の話題で持ち切りだった。某レコード会社関係者は「来年、エイベックスが超大型の新人を出すらしいね。第2の浜崎あゆみとして、大々的にプロモーションするらしいよ」と話していた。

     安斉とはいったい何者なのか?

     オフィシャルホームページによると、「ポスギャル(ポストミレニアルギャル)」と呼ばれる次世代型ギャルで、デビュー前は有名アパレルショップで働いていた。人気コスメティックブランドの店頭コレクションビジュアルに採用されたこともあるという。写真を見る限り、ルックスは若かりし頃の浜崎をほうふつとさせるものがある。

     ところが、だ。2019年になり、フタを開けてみると「安斉かれん」の文字を目にする機会は、ほとんどない。

    「令和元年初日、『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』でデビューしたが、音楽番組などのメディア露出、プロモーションはまったくなかった。2枚目のシングル『誰かの来世の夢でもいい』はレコードショップの店頭のみ無料で配布された。超大型新人どころか、その他大勢の新人と扱いは変わらないので、業界の人は首を傾げている」(前同)

     安斉が所属するエイベックスといえば、新人の売り出しには定評がある大手レコード会社。

    「本気で売りたい新人はとことん力を入れて、重点的に露出させるのが、エイベックスのやり方です。08年にデビューした『girl next door』(ガルネク)などは最たる例です。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞など全媒体を席巻したのですが、当然エイベックスの後押しがあったからです」とは音楽関係者。

     安斉も、ガルネクと同じくらいエイベックスに期待されているアーティストのはず。にもかかわらずここまで表に出てこないのはあまりにも不可解で、ついには「実在しないのでは?」という声まで出ている。

    「確かに公開されている写真やミュージックビデオは、CGで作ったキャラクターっぽいものばかり。そのため人気のバーチャルユーチューバー、Vチューバーみたいな、バーチャル歌手ではないかとささやかれている。キャラはCGで、声は誰かが当てているというわけ。ネット上でもすべてがあまりにも不自然ということで、そう信じる人も続出している」と芸能プロ関係者。

     レコードショップのインスタグラムのストーリー(24時間で自動的に消える機能)に、動いている安斉の姿がアップされていたという情報もあるが、現時点では一切確認できない。

    「店舗を訪れた写真はSNSに残っているが、本物かも分からない。“影武者”かもしれないし、わざわざCGで合成した可能性もある」(前同)

     安斉かれんという期待の歌手は本当に存在するのか。真相は果たして?


    2019年08月30日 11時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1529007/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    【【エイベックス】“第2の浜崎あゆみ”「安斉かれん」は実在しないって本当!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.jisin.jp)


    一時的に話題になってるだけでは??ww

    1 鬼畜の和洸 ★ :2019/08/20(火) 23:16:24.95 ID:d0C73Zfu9.net

     “落ち目”と言われて久しい浜崎あゆみが、V字回復の兆しを見せている。
    小松成美氏が手掛けた自伝小説「M 愛すべき人がいて」がこれまで13万部のヒットとなっているのだ。
    すでに来春、テレビ朝日でドラマ化されることも内定している。
    久しぶりにプラスのことで注目を集めた浜崎は上機嫌で、今度はTOKIO・長瀬智也との熱愛を綴った第2弾小説の構想に入ったという。

     いったい何が当たるか分からないのが、芸能界の難しくもあり、面白いところでもある。
    浜崎への取材を元にした小説では、松浦勝人エイベックス会長との過去の秘められた恋を告白。

    「正直、 浜崎と松浦会長が昔、付き合っていたことは芸能界の人間はみんなが知っている。
    “今更感”が強いし、またまた企画倒れと予想されていたが、蓋を開ければヒットとなり、業界人はみんな驚いている」(芸能プロ関係者)

     新曲もコンサートのチケットも売れず、どうしても人気が落ちていることを実感させられていた浜崎も、これだけ話題になっているのだからご満悦だ。
    もちろんこれで終わらせるつもりはない。すっかりテンションは上がっており、第2弾にも意欲を見せているというのだ。

    「松浦会長の次に告白するのは、オープンに付き合っていた長瀬しかいません。
    2人は2001年に交際を公表、2007年に破局を発表するまで、約7年間も付き合っていました。
    ペアで同じデザインのタトゥーを入れ、結婚間近と言われていましたが、 結果的に別れました。
    ただその理由については明言しておらず、次 の小説では知られざる2人の愛の軌跡がメインになると言われています」(出版関係者)

     いざ出版となったらさすがにジャニーズ事務所からクレームが付き そうなものだが、
    「長瀬が所属するTOKIOは解散が取り沙汰さ れており、長瀬自身もジャニーズ退所の噂は根強い。もはやそこまで強くは出てこないだろう」(芸能関係者)

     来年4月クールに、「M」はテレ朝でドラマ化されることでほぼ決定している。第2弾が出版されるのは、早ければそのタイミングと見られている。
    「出版されれば、浜崎のファンだけではなく、長瀬 のファンも間違いなく買うでしょう。それこそ100万部超えとな ってもおかしくない」(前同)。
    浜崎に第二の黄金時代が到来するかも!?

    【記事元:TOCANA】
    https://tocana.jp/2019/08/post_107944_entry.html


    【【浜崎あゆみ】告白本で人気復活か!?がまさかのV字回復か!? 第二弾も出版検討!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.cinematoday.jp)


    同じ事務所でしたねwwwwww

    1 Egg ★ :2019/08/16(金) 15:14:16.10 ID:vd52rc1I9.net

    女優の川栄李奈(24)が16日、自身のツイッターを更新。歌手・浜崎あゆみ(40)がエイベックスの松浦勝人会長と過去に交際していたことを初告白した新刊「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)を読んだことを報告し、「本当にカッコいい」と感動をつづった。

     川栄は「M 愛すべき人がいてを読みました」とつづり、「忙しくて自分の時間もなく、歌手として仕事に捧げてきた生き方は本当にカッコいいです」と浜崎への尊敬の念を吐露。

     「私には考えられないくらい気持も、身体もキツかっただろうなと思います」と想像し、「改めて自分の周りにいる人を大切に私は作品で皆さんに気持ちを届けられるように頑張ろうと思いました!」とつづっていた。

     川栄は5月に俳優・廣瀬智紀(32)との結婚、妊娠を発表し、年内に第1子を出産予定。

    8/16(金) 14:30配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000098-sph-ent


    【【川栄李奈】「浜崎あゆみ」の暴露本にコメント!!!生き方がカッコいいと絶賛!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    さぁ誰にキャスティングされるんでしょうかwww

    1 湛然 ★ :2019/08/17(土) 05:12:59.76 ID:MIjbTtMC9.net

    8/17(土) 5:00 スポニチアネックス
    キャスティングも注目 あゆ小説 来春連ドラに オファー殺到の中でテレ朝が獲得
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000005-spnannex-ent

    歌手の浜崎あゆみ

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日、分かった。

     同書は、浜崎への取材を基にノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた“激白小説”。秘められた恋の告白は話題を呼び、7月31日の発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」で7日間連続1位。同じく「日本文学」のカテゴリーでは16日まで17日間連続1位となっている。

     幻冬舎によると、初版は5万部で、この日までに2度の増刷で計13万部を発行。同社は「日本文学のジャンルで、このスピードでこれだけの部数が出るのは異例のこと」としている。

     反響を受け、映像化のオファーが相次いだ中、広告代理店関係者によると、テレビ朝日が獲得した。来春に連続ドラマにする方向で話が進んでいるという。

     注目のキャスティングはこれからになるが、スキャンダラスな魅力もある“平成の歌姫”を誰が演じるのか。現役のトップスターをテレビドラマで演じること自体が珍しいだけに、さらに話題を呼びそうだ。

     同書では、本のタイトルとなっている浜崎の代表曲「M」が松浦氏との交際の中で生まれた歌詞であるという事実が判明。その突然の告白にファンの間で「Mは“勝人のM”だったのか」「今さら昔の恋愛を持ち出さなくても」と疑問の声が出た一方で、芥川賞候補にもなった作家で社会学者の古市憲寿氏(34)が「ごく個人的な切実な物語というのは、時にとんでもない普遍性をもってしまうんだね。『M』で答え合わせができてうれしい」と評価するなど、賛否両論の議論が巻き起こっている。

     ≪生歌唱中号泣≫小説では20年前の1999年、松浦氏と破局直後に出演したテレビ朝日「ミュージックステーションスーパーライブ」の様子が描かれている。その日、浜崎は生放送の歌唱中に涙をこらえられず号泣。当時は涙の理由が謎だったため、ファンの間でこの時の映像が再び注目され話題となっている。

     ▽「M 愛すべき人がいて」の内容 1998年の歌手デビューからトップスターに上り詰めるまでの2年間に秘められた“出会いと別れの物語”を、赤裸々に描き出した小説。松浦氏ら実在する人物や渋谷109などの具体的な場所が実名のまま登場する。浜崎の代表曲「M」「Boys&Girls」などが松浦氏との交際の中で生まれたことなども明かされている。

    (おわり)


    【【浜崎あゆみ】ついに決定!!!暴露本がテレ朝でドラマ化に!! キャスティングも注目 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 mynews23.com)


    なぜ今。。。 何のために???ww

    1 muffin ★ :2019/08/01(木) 13:43:37.91 ID:2rsBwBxv9.net

    https://hochi.news/articles/20190801-OHT1T50050.html
    2019年8月1日

    1日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)で歌手の浜崎あゆみ(40)1日に発売となった「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)でエイベックスの松浦勝人会長(54)と過去に交際していたことを初告白したことを特集した。

     番組は著者の小松成美氏を取材。小松氏は今回の著書を「2人の登場人物の真実のストーリーを私自身が伺いそれを小説にしたということで真実を小説にして描いた」と明かしていた

    https://hochi.news/articles/20190801-OHT1T50052.html

    「平成の歌姫と呼ばれた彼女が令和も歌い続けていく思いをファンに届けたい」

    番組では著者の小松成美氏を取材。なぜ、浜崎が過去の恋愛を明かしたかと聞かれ「デビュー20周年を昨年迎えたわけなんですね。平成の歌姫と呼ばれた彼女が令和になったわけですが、その時代にも歌い続けていくその思いを何か形にしてファンの方達に届けたい」と説明していた。

    https://hochi.news/articles/20190801-OHT1T50062.html

    著者の小松成美氏がインタビュー時に「本当に少女のように当時のままの表情と言葉で答えてくださいました」

    番組では著者の小松成美氏を取材。インタビューした当時を「松浦さんにも浜崎さんにもインタビューをさせていただく時に、お互いに淡々と過去を丁寧に思い出して穏やかに笑いながら楽しげに話してくださったんですけど」とした上で「当時の恋心、誰にも語れなかった思いを語るときに浜崎さんは、本当に少女のように当時のままの表情と言葉で私に答えてくださいました」と振り返っていた。


    (出典 hochi.news)


    【【浜崎あゆみ】松浦氏との告白本の著者が語る!!!! 真実を小説に!!】の続きを読む

    このページのトップヘ