まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: スポーツ



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    4回戦進出!!逆転勝利!!

    1 豆次郎 ★ :2019/01/19(土) 11:10:00.26 ID:HCXRRcPa9.net

    1/19(土) 11:08配信
    【速報】大坂なおみ 逆転で2年連続ベスト16進出。相手の揺さぶりにミス連発も見事立ち直る[全豪オープン]

    「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会6日目、女子シングルス3回戦で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第28シードのシェイ・スーウェイ(台湾)と対戦。5-7、6-4、6-1で大坂が逆転勝利し、2年連続のベスト16進出を果たした。


    勝利した大坂は現在対戦中のワン・チャン(中国)とアナスタシア・セバストワ(ラトビア)の勝者と4回戦で対戦する。

    第3セットもスーウェイのサービスゲームから。第2セットの終盤で5ゲーム連取して勢いに乗る大坂は、第1ゲームでブレークポイントを握ると、バックハンドのウィナーをしっかり決めていきなりのブレークに成功する。

    さらに攻め続ける大坂は、第3ゲームでもブレークポイントを握った。ここはブレークすることはできなかったが、続く第4ゲームでデュースに持ち込んで粘るスーウェイを振り切ってキープすると、第5ゲームでブレークに成功し、ゲームカウント4-1とリードを広げた。

    そしてゲームカウント5-1で迎えた第7ゲームでも大坂はスーウェイのサービスゲームを破って6-1で第3セットを取って勝利を決め、4回戦進出を果たした。

    (テニスデイリー編集部)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000005-tennisd-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【テニス】「大坂なおみ」すごいぞーー!! 2年連続ベスト16進出!! 逆転勝利です!】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)


    右利きだけど左足での強烈ミドルシュート!!

    1 Egg ★ :2019/01/18(金) 06:32:08.48 ID:KTzXYKW19.net

    アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているアジアカップ2019。“持っている男”の活躍が、日本、UAEのみならず、並み居る海外メディアを驚かせた。

     地元UAEのアル・アインに所属する塩谷司は、アジアカップグループリーグ第3戦、ウズベキスタン戦に先発出場。青山敏弘とボランチを務めた。塩谷にとっては前回のアジアカップに代表メンバーに選ばれていたが、出場は叶わず、ウズベキスタン戦が正真正銘、アジアカップのデビュー戦となった。

     中島翔哉、守田英正が負傷のため参加を断念し、急遽白羽の矢が立ったのがUAEに本拠地を置く塩谷だった。所属クラブでは主に左SBを務めているが、ボランチなど守備的な位置はどこでもこなすことができる。また、森保一監督とはサンフレッチェ広島時代から信頼し合う仲だ。このウズベキスタン戦では、青山や佐々木翔らという”広島の仲間”と共にプレーすることになった。

     試合は前半終盤まで日本にとってもどかしい展開が続き、40分にはウズベキスタンのFWエルドル・ショムロドフに先制を許す。しかし直後に43分に武藤嘉紀が室屋成のクロスを頭で合わせ、同点に追いついた。

     そして58分、その時は来た。右サイドの室屋のクロスがゴール前の混戦でこぼれる。その先にいた塩谷司は、落ち着いて左足でミドルシュートを叩き込んだ。

     このゴールを、スポーツ専門チャンネル「FOX SPORTS」アジア版の公式ライブSNSアカウントで、「ツカサ・シオタニから言葉を失う一撃!」と絶賛した。

     ほかにも、ドイツのサッカー専門誌『ki*er』は「この試合を決めたのは、あのツカサ・シオタニの見事なミドル。5度目の優勝を目指す日本を勝利に導いた」と、オーストラリア紙『Brisbane Times』は「シオタニによる衝撃の一撃! 日本の3連勝に貢献し、ウズベキスタンを沈めたゴールだ」、ベトナム紙『NGUOI DUA TIN』は「なんてことだ!MFで出場したシオタニのゴラッソ! これは全グループリーグのベストゴールに間違いない!」と、アジア、そしてヨーロッパメディアからも称賛されているのだ。

    そして塩谷を「日本代表の英雄だ」と激賞しているのが、UAE地元紙『The National』だ。

    「クラブ・ワールドカップで活躍した我らがアル・アインの塩谷司は、自らの価値をアジアカップで証明してみせた。彼はCWCでレアル・マドリーと対戦した際にもゴールを決め、彼のゴールは敗北を味わった我々にとっての慰めになった。

     実績のある彼が日本のためにアジアカップに出場し、ウズベキスタンと対戦したデビュー戦で素晴らしいゴールを決めたことは、我々にとって全く驚くようなことではなかったのだ。

     その瞬間、ゴールから約25ヤードのところに居た彼は、猛烈な左足からの低い弾道のシュートをお見舞いし、GKイグナチー・ネステロフは茫然と見守るしかなかった。日本代表にとって塩谷の介入は試合を決める大きな要素だった。チームに勝利を与え、グループFの勝者として5回目の優勝へと踏み出した。彼の今までのキャリア、舞台裏の努力はひとつ報われたといっていいだろう」

     “持っている男”の活躍は優勝を目指す森保ジャパンにとって心強いに違いない。日本代表は、この勢いのままに決勝トーナメント1回戦、サウジアラビア戦に臨むことになる。

    1/18(金) 5:30配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00052960-sdigestw-socc&p=1

    写真
    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/52960_ext_04_0_1547745001.webp?v=1547757322


    【【サッカー】海外メディアも絶賛した「塩谷司」の超絶ミドルシュート!!!】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    めちゃくちゃ身長高すぎるwwww

    1 Egg ★ :2019/01/17(木) 13:06:49.71 ID:2MI8h/AG9.net

    「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦で第8シードの錦織圭(日本/日清食品)がイボ・カルロ*(クロアチア)と対戦。6-3、7-6(6)、5-7、5-7、7-6(7)のフルセットの末に錦織が勝利し、自身8度目となる3回戦進出を果たした。

    【LIVE速報】錦織 VS カルロ*

    勝利した錦織は、現在対戦中のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)とジョアン・ソウザ(ポルトガル)の勝者と3回戦で対戦する。

    ファイナルセットは錦織のサービスゲームからスタート。2セットアップからイーブンまで追いつかれた錦織だが、諦めたり気持ちが切れたりした様子は見られない。

    第5セットもお互いのサービスゲームをキープする流れは変わらず、わずかなチャンスをつかむことができるかどうかの勝負になった。

    そしてゲームカウント4-4で迎えた第9ゲームで0-40と錦織にピンチが訪れた。しかしこの絶体絶命の状況をしのいでデュースに持ち込んだ錦織が、連続でポイントを奪ってキープする。

    そのまま試合は今年からルールが変更された10ポイント先取のタイブレークにもつれ込む。一進一退となったが勝ち切り、自身8度目となる3回戦進出を決めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000009-tennisd-spo


    【【テニス】「錦織圭」211cm大男からのサービスエース59本跳ね返し勝利!!!】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)


    ラオウ稀勢の里って言われてるwww
    引退は残念。。。。。。

    1 ニライカナイφ ★ :2019/01/16(水) 18:12:54.42 ID:OPl3Yek79.net

    ◆ 稀勢の里「一片の悔いも…」にラオウ名セリフ重ねる人続々 化粧まわしも着用の過去

    横綱稀勢の里が16日、都内で引退会見を開き、「私の…土俵人生において、一片の悔いも残っていません」と涙をにじませ、引退決意の思いを語った。
    この「一片の悔いもない」という言葉は、大人気漫画「北斗の拳」のキャラクター・ラオウの名セリフ「我が生涯に一片の悔いなし」をファンに彷彿させたようで、ネットでも即話題となった。

    稀勢の里は実際に「ラオウ」の化粧まわしをつけたこともあった。
    17年の夏場所で長兄・ラオウを稀勢の里が、次兄・トキの化粧まわしを松鳳山、末弟で主人公・ケンシロウを太刀持ちの高安が着用し、話題を呼んだ。

    稀勢の里は当時、この化粧まわしを贈呈した社のHPで「自分の性格的にはラオウ。孤独で強い。先代の鳴戸親方からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と、ラオウを選んだ理由を語り、ラオウの生き方と自分を重ねるコメントをつづっていた。

    そんな稀勢の里が、引退会見で「一片の悔いも残っていません」とコメントしたことにネットはすぐさま反応。
    「ラオウのセリフかよ」「巨星墜つ!ラオウと同じ言葉で」「さすがラオウ」「ラオウできたか」「ラオウ稀勢の里」と、稀勢の里とラオウの言葉を重ねるコメントが続々と上がっていた。

    「我が生涯に一片の悔いなし」のセリフは、弟のケンシロウに屈したラオウが、絶命寸前に仁王立ちで発する最後の言葉。
    北斗の拳ファンの間ではあまりにも有名。

    (写真)引退会見後、報道陣から花束を受け取った稀勢の里=両国国技館

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    デイリースポーツ 2019/1/16(水) 16:32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000084-dal-spo


    【【相撲】引退「稀勢の里」ラオウなのか!?!?wwww】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    牛久応援団が来る前に。。。。。

    1 ばーど ★ :2019/01/16(水) 09:26:42.73 ID:5dabn0u69.net

    大相撲の横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が、現役引退を決断した。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が初場所4日目の16日、東京・江戸川区の田子ノ浦部屋で発表した。同日午後に都内で記者会見を開く予定。今後は年寄「荒磯」を襲名し、田子ノ浦部屋の部屋付き親方として後身の指導にあたる。

    進退を懸けて初場所に臨んだ稀勢の里は、初日から3連敗。昨年9月の秋場所から3場所にわたって8連敗(不戦敗除く)となり、横綱としては貴乃花を抜いてワースト記録となっていた。

    ◆稀勢の里寛(きせのさと・ゆたか)本名・萩原寛。1986年(昭61)7月3日、茨城県牛久市出身。15歳で鳴戸部屋に入門。得意は突き、押し、左四つ。三賞は殊勲5回、敢闘3回、技能1回。金星3個。通算800勝495敗98休。家族は両親と姉。187センチ、175キロ。

    2019年1月16日8時48分
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201901160000091.html


    他ソース
    稀勢の里このまま引退なら歴代最低の勝率5割
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00448227-nksports-fight

    ★1が立った時間 2019/01/16(水) 08:48:22.51
    前スレ
    【速報】横綱・稀勢の里が現役引退へ 日本出身の横綱が2年で不在に(08:45)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547596102/


    【【速報】横綱「稀勢の里」が現役引退!!! 結局引退です~~~~】の続きを読む

    このページのトップヘ