まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 湛然 ★ :2020/06/30(火) 05:22:35.33 ID:LzI1CsNh9.net

    木村拓哉、SMAP解散後の思いを激白!ソロツアーを「拒否ってた」
    2020年6月30日(火) 05時00分 RBB TODAY
    https://www.rbbtoday.com/article/2020/06/30/180042.html


     木村拓哉が、29日放送の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP』(テレビ朝日系)に出演。SMAP解散後の心境とソロツアーを始めるまでの葛藤を赤裸々に語る一幕があった。

     この日、『BG~身辺警護人~』(同系)の番宣を兼ねて、斎藤工とともに登場した木村。東京・大阪で人気のうどんチェーン店「麺匠の心つくし つるとんたん」で「帰れま10」に挑んだ。

     戦いの最中、タカアンドトシ・トシから「こんな機会ないわけですよ。木村さんと(話せることなんて)。聞きたいことがあれば」と振られると、ミキ亜生は「ホンマ、マジの、マジの(質問でいいの)?」と恐る恐る確認。これに対してトシが「もちろんマジのやつ」とゴーサインを出した。

     すると亜生は恐縮しながらも、「ソロツアーされてるじゃないですか」と切り出し、「グループとの違いというのは、何なんでしょうか……?」とSMAP時代との差について直撃。木村は亜生からの直球質問に「ガチだね」と驚きつつも、「ツアーの頭から、(さらにはステージの)オープニングからケツまで自分以外歌ってる人がいないので、それは初だった」と回答。

     続けて「初めて喉のケアをしました」と告げると、周囲はびっくり。亜生が「今まではされてなかった…?」と聞くと、木村は「今まではもうなんか、適当……」と笑った。これにトシが「まあまあ他のメンバーもいらっしゃいましたし。一人だけじゃないから」とフォロー。

     この指摘に木村は軽くうなずきながら、「解散してからはもう一度ステージに立つとは思ってなかったので、ちょっと拒否ってた」と、ライブ活動を拒んでいたと告白。他のアーティストからも「なんでもう一回やらないの?」と言われていたものの、「そういうタイミングがあったらそうします」と受け流していたのだとか。その上で、「受け流せなくなったタイミングが今回だった」と語っていた。

     もともとこのロケは、4月から初回を迎える予定だった『BG』に合わせて3月に収録されていたもの。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。) 
     
     


    【【木村拓哉】「SMAP」解散後の思いを激白!! ソロツアーを「拒否ってた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 幻の右 ★ :2020/07/01(水) 22:05:38.76 ID:QmxLnulH9.net

    5月23日に22歳の若さでこの世を去った女子プロレスラーの木村花さん。母親の響子さん(43)が、「週刊文春」の取材に応じ、「テラスハウス」(フジテレビ系/Netflix)の炎上シーンを巡って、花さんがスタッフから指示を受けていたと証言した。花さんのスマートフォンには、響子さんの証言通り、「やらせ」を裏付けるLINEのメッセージが多数残されていた。

     響子さんは、今回告白を決意した理由をこう語る。

    「このままだと花の死が『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自殺した』というストーリーで片付けられてしまう。真相は全然違うんです。彼女はスタッフの指示通り、ヒール役に徹しただけ。せめて花の名誉を回復してあげたい」

     引き金となったのは3月31日にNetflixで配信された第38話「コスチューム事件」だ。テラスハウスの同居人である小林快さんが共用の洗濯機に入った花さんのプロレス用コスチュームに気付かず、自分の洗濯物と一緒に洗濯し、乾燥させてしまった。プロレスラーの花さんにとって「命と同じくらい大事」という衣装は、乾燥機で縮み、装着できない状態になってしまう。

     住人全員がダイニングルームに集まる中、花さんがコスチュームが縮んだことを明かすと、快さんは「ごめん」と謝罪。彼女は泣きながら「人のこともっと考えて暮らせよ!」「ナメんのもいいかげんにしろよ」と快さんに詰め寄り、彼のキャップを叩き落とした。このシーンがNetflixやフジテレビの地上波で放送されると、SNSで〈死ね〉などの激しいバッシングを受け、花さんは精神的に追い詰められていき、5月23日に自ら命を絶った。

     事件後、メディアの取材に初めて応じた響子さんは、亡くなる8日前、花さんから次のように告げられたと証言した。

    「5月15日、花と私は祖母の誕生日会を開きました。その帰り道、私が花を車で送っていると、花が涙を堪えながら話し始めたのです」

     そして、花さんはこう語った。

    花さんが母や友人に語っていた“やらせ”
    「テラハに出た当初からプロレスラーらしく振舞えって……。1のことを100にして盛り上げて欲しいって言われて。コスチュームの件はスタッフにめっちゃ煽られた。『いいじゃん、あんな奴、ビンタぐらいしたらいいじゃん』って。盛り上げなきゃと思ったけど、プロレスラーとしてビンタはさすがにできないから、苦しまぎれで帽子をはたいたの。スタッフは信用できないよ」

     友人に送ったLINEでも、花さんは次のように書いている。

    〈自分の仕事道具壊されて、スタッフにカメラの前でキレろって言われて〉

     この友人は、「週刊文春」の取材に対して、花さんから「やらせ」問題について何度も相談を受けていたと明かした。また、炎上シーンの相手となった共演者の小林快さんも花さんから「やらせ」についての電話があったと認めた。

     フジテレビに「やらせ」問題について質問すると、「検証作業を進めている最中ですが、ご質問にあるような事実はございません」と答えた。

     自殺の5日前の5月18日、地上波のフジテレビで「コスチューム事件」の場面が放送された。この放送を見た花さんは、友人にこうLINEを送っている。

    〈これで炎上して話題になって製作陣は満足かな〉

     プロレスを広めるために「テラスハウス」に出演していた花さんが、なぜ自殺しなければならなかったのか。

     7月2日(木)発売の「週刊文春」では、響子さんの10時間に及ぶインタビュー、シングルマザーとして花さんを育てた想い、花さんが友人や共演者に「やらせ指示」について送ったLINE、フジテレビと花さんが交わした“奴隷契約書“の中身、共演者・小林快さんの証言、フジテレビの遠藤龍之介社長、番組ディレクターは小誌直撃に何を語ったのか、写真ページをあわせて計9ページにて詳報する。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年7月9日号
    7/1(水) 16:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/72128ea27bd3ccd5d42db2c269d4d5cf933821af

    ※前スレ
    【テレビ】木村花さん母が告白 娘が明かしていた「テラスハウス」の“やらせ”《遺したLINEには…》★2 [幻の右★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593600851/


    【【激白】テラスハウス「木村花さん」母が告白!! 『テラスハウス』の“やらせ”内容】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 ひかり ★ :2020/07/01(水) 19:05:55 ID:SuY1tRce9.net

     昨年11月18日に芸能活動自粛を発表していたタレントの木下優樹菜(32)が1日、所属事務所・プラチナムプロダクションを通じて活動を再開することを発表した。

     所属事務所は書面を通じて「木下優樹菜は、昨年11月18日付けで一切の芸能活動を自粛しておりましたが、本日7月1日をもって、芸能活動を再開させていただくこととなりました」と報告。
    「改めまして、多大なるご迷惑をおかけしたお相手の方、全ての関係者の皆様、そしてファンの皆様に対し、所属事務所として深くお詫び申し上げます」と、改めて謝罪。

     木下については「一般の方に対し極めて不適切かつ失礼な言動をしてしまったことを心より反省しております」と伝え「弊社も、木下優樹菜と協議を重ね、同人に対し、社会人として、そしてタレントとして常に自覚をもった行動を行い、絶対に周囲の方にご迷惑をおかけすることのないよう、再三にわたり厳しく指導して参りました」と、再開に至るまでの経緯をつづった。

     続けて「木下優樹菜とも、復帰について厳しいご意見があることは真摯に受け止めており、一度失った信頼を回復することが容易ではないことも重々承知しておりますが、今後二度とこのような事態を起こさないことはもちろんのこと、失われた信頼の回復のため、全力で努力して参りますので、どうかご理解をいただけますと幸甚です」とした。

     また、木下もコメントを発表。「この度は社会人として芸能人として私自身の自覚や配慮が足りず、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした」と改めて謝罪。

     「不快な気持ちにさせてしまった皆様、本当にすみませんでした。芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました」と記し「今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」と決意を新たにしている。

     木下においては、昨年、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、脅しまがいのダイレクトメッセージを送っていたことが判明し、ネットを中心に炎上。同年10月9日にはインスタグラムを通じて謝罪していたが、11月18日に事務所を通じて「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と発表した。

    ■木下優樹菜コメント全文

    この度は社会人として芸能人として私自身の自覚や配慮が足りず、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした。
    また、不快な気持ちにさせてしまった皆様、本当にすみませんでした。
    芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました。
    今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています。

    今まで励ましの想いを伝え続けてくれたファンの皆様には感謝してもしきれません。支えてくれて、本当にありがとうございます。

    また本日からよろしくお願い致します。

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4d5a59b2c021490563a863a2ee0b918c023308ba


    【【木下優樹菜】ついに!!芸能活動再開を発表!! ファンに謝罪と感謝をコメント】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 jinjin ★ :2020/06/30(火) 21:56:43.34 ID:fGXXXJXH9.net

    手越祐也、たった6日間でYouTubeチャンネルが収益化のすさまじさ!


    これが日本中に名前を知られる人気者の実力なのか。
    6月23日に初の動画を公開した手越祐也のYouTubeチャンネルが、わずか6日で動画広告が掲載される「収益化」に成功していたことがわかった。


    ジャニーズ事務所を退所してから初の記者会見となった6月23日には、自身の「手越祐也チャンネル」にて会見の模様を生中継。
    その2日後には会見の舞台裏動画を公開するという手際の良さで世間を驚かせていた。
    そして6月29日に公開された3本目の動画では、さっそく収益化が実現していたというのである。


    「3本目の動画を観ようとすると動画広告が再生され、早くも収益化が承認されていることがわかりました。収益化にはチャンネル登録者数1000人、総再生時間4000時間という高いハードルがありますが、手越は登録者数79万人、総再生時間は数百年という驚異的な数字であっさりとクリア。
    しかもグーグルが公開しているヘルプでは収益化の審査には1カ月程度を要すると説明されていますが、土日を挟んでたったの6日間で承認されたのです。最短でも申請から承認まで1週間と言われる中、手越の場合は『初動画から6日間』ですから、もはや日本新記録かもしれません」(ネット系ライター)


    そんな手越が公開した3本目の動画は、「好きなことで、生きていく『手越祐也』」というタイトルからして刺激的だというのである。

    「このタイトルは、2014年にYouTubeジャパンが展開した『好きなことで、生きていく』というキャンペーンから拝借したもの。当時はまだYouTuberという仕事が世間にあまり浸透しておらず、HIKAKINやはじめしゃちょーといった初期から活躍する人気者を起用しての広告が展開されたのです。
    大都市の主要駅にはHIKAKINらのポスターも掲出され、世間にYouTuberというものを認識させる大きな契機となりました。そして手越が今、YouTubeにて最大級のインパクトを残している姿は、ジャニーズ事務所を退所して独立しても、“好きなことで、生きていける”ことを如実に表しているのではないでしょうか。この挑戦的なタイトルには手越の決意と自信が込められているように感じずにはいられません」(前出・ネット系ライター)


    今では800万人超の登録者を抱えるはじめしゃちょーも、2014年の広告出演時には100万人をやっと超えたところだった。
    その成長ぶりを手越がトレースできるなら、現在の8倍となる600万人超の登録者数を誇るトップYouTuberに君臨することもできるのかもしれない。


    https://www.asagei.com/excerpt/152888


    【【手越祐也】開設たった6日間でYouTubeの収益化のスゴイ事に!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2020/06/30(火) 10:05:50 ID:J1fq32IH9.net


    (出典 data.smart-flash.jp)


    (出典 data.smart-flash.jp)


    (出典 data.smart-flash.jp)




    カズレーザー、美人棋士との交際報道に「マスクしてバレないと思っていた」も…小倉智昭氏が爆笑「まあ二人して赤いんだ」
    6/30(火) 9:34配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9d45e17afdd04b60b98420e06901e9a8a98f87b4

     お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(35)が30日、スペシャルコメンテーターを務めるフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)に生出演。この日発売の週刊誌「FLASH」で美人棋士とのデートが報じられたことに言及した。

     カズレーザーは雑誌を拡大した写真を見せられると「オレ!?」とおどけてみせた。続けて「これは本当にマスクもして顔を隠していたんで、バレないと思っていたんですけどね」と話すと、MCの小倉智昭氏(73)から「バレるっちゅうんだ。ネットでカラーの写真が配信されているんだけどさ(誌面はモノクロ)、まあ二人して赤いんだ」と笑われながらツッコまれた。

     当時の状況について「このままの格好ですよ。あんまバレないと思ったんですよね。普通にご飯を食べたり、水族館に行ったりとかそれだけなんですよ」と説明。

    関連スレ
    【芸能】カズレーザー、美人元棋士と「赤い紅い」デート現場 [孤高の旅人★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593476497/

     カズレーザーは記事の中で交際を否定しているが、小倉氏が誕生日プレゼントを買ったことに「普通の人だったらそこまでしないよ」と言われると、「しますよ。プレゼント買わないのは相方のなつさんぐらいですよ。なつさんにはあげないですけど、他の人には買いますよ」と返答。

     さらに、食事をしたという六本木ヒルズのワインバーについて小倉氏から「ヒルズのワインバーって、表から丸見えの所じゃないの?」と質問されると、カズレーザーは「すげえ丸見えでした。子供が1人オレらに気付いて、戻って来たら10人ぐらい来たんですよ」と笑い飛ばしていた。


    【【カズレーザー】美人棋士とのデート交際報道本人がコメント!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ