まとめおさよ速報

当サイトは、様々なニュ-スに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 ひかり ★ :2020/09/16(水) 06:01:53.75 ID:CAP_USER9.net

     9月14日、東京都新宿区の自宅マンションで亡くなっているところが発見された女優・芦名星さん(享年36)。ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)シリーズや『テセウスの船』(TBS系)に出演し、抜群の存在感を放っていた。

    芦名さんのものと思われるインスタの中身
    「2002年にモデルでデビューして以来、ドラマや映画、舞台などでも幅広く活躍してましたね。出演作も多く、2019年にはドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東)でゴールデン帯初主演を務めていました。突然の訃報に言葉が詰まります」(スポーツ紙記者)

     活躍する彼女の突然の死に、SNS界隈では悲しみの声が相次いでいた。9月15日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)では「貴石の女」というタイトルで、抜群のプロポーションを披露し、インタビューでは、今いちばんやってみたいと思うことについて、

    《いっぱいありすぎて悩みます。ドラムもやりたいし、アクションのお芝居もやりたい。それに最近は日本酒も勉強中です。一度やり始めるととことん突き詰めたい人で、例えばネイルは10年以上ずっと自分でやっているんです。あとは手紙を書くことも好きで、お礼状なんかは絶対に手書きにしていて。便箋も和紙から選んだりしています》

     と語り、自ら命を落とすことすら想像もできないほど、“未来”を語っていた。

     芦名さんには、公式にしているブログやツイッターはない。昨今の自殺報道はSNSと誹謗中傷を結びつける傾向にあるが、彼女の場合、誹謗中傷に苦しんでいたという見方は薄い。だが、芦名さんのものと思われるインスタグラムのアカウントが見つかったのだ。

     そのアカウントの投稿には、勉強中である日本酒について、その味わいを丁寧(ていねい)に説明したものや、ドラムの写真、10年以上している趣味のネイル、徳利の傍らに添えられた桜柄の便箋などがあった。まさに、前出のインタビューで彼女が語っていたものばかりだ。そして、出身地である福島への愛や、家族への感謝の言葉も綴られている。

     そんな投稿の中には、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系・'08年と'10年)で共演した三浦春馬さんに向けたかと思うような記述もあった。

    《私の心の中の友へ 一緒に乾杯しよ》

     との投稿と併せて「なんどでも 笑おう なんどでも 泣こう」とメッセージを添えている。

     また、三浦春馬さんの四十九日の翌日である9月5日には、

    《そっちはどう? こっちはなかなか(笑) 会いたい。 ふつーに会いたいょ(泣き顔の絵文字)》

     という投稿があった。

     そして気になる、最後の投稿となった言葉は、たったひと言、『バルス』だった。そこには、芦名さんが生前、大好きだと言っていたジブリ映画『天空の城ラピュタ』で知られる「青の飛行石」のネックスレス写真も添えられている。

    「『天空の城ラピュタ』の中で、バルスとは“滅びの呪文”として使われました。インターネットの世界では、崩壊や破壊という意味で使われることもあります」(ITジャーナリスト)

     彼女に一体、何があったのか。あまりにも突然の死を受け入れられないまま、ただただ時間だけが過ぎていく……。

    週刊女性

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200915-00018912-jprime-ent

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【【芦名星さん】 “非公式インスタ”での 最後の言葉と、三浦春馬さんを思わせる投稿か!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 suntoranosuke.com)



    1 Egg ★ :2020/09/16(水) 11:42:57.12 ID:CAP_USER9.net

    実業家としても失格だった⁉ 俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が代表を務め、社会貢献活動などに取り組む会社「リバースプロジェクト」(以下、リバース)で昨年、役員の〝辞任ドミノ〟が起きていたことが分かった。同社は経営難に陥り数千万円の負債を抱え大混乱し、役員が雪崩を打つように辞任。この惨状を目の当たりにした伊勢谷容疑者が自暴自棄になり、ますます大麻にのめり込んだとみられている。

     大麻取締法違反の疑いで逮捕された伊勢谷容疑者は、俳優業は芸能事務所カクトエンタテインメントと契約していた。薬物事件を受け、すでに契約は解除、つまりクビになっている。

     実業家としては、2008年に地球環境の改善に取り組む会社、リバースを立ち上げ、代表を務めている。

    「企業理念は〝人類が地球に生き残るため〟。俳優としての知名度を利用し、リバースを通して、環境を良くするべく『国民の意識を変えてみせる!』と大風呂敷を広げたけれど、理念ばかりが先行して収益を上げられなかった。ビジネスが成立していなかったんです」(知人)

     12日配信の写真誌フラッシュ電子版によれば、同社は数千万円の負債があったという。

     経営は火の車だった。俳優業で得たギャラの一部は、リバースの運転資金に回していたといわれている。

    「伊勢谷さんは社内で独善的だったようで、経営が悪化するにつれて求心力が大幅に低下。昨年役員が立て続けに4人辞めたと聞きました」(同)

     登記簿によれば、昨年5月に2人、同9月に1人、同10月に1人、役員が辞める〝辞任ドミノ〟が起きていた。会社としての信用に関わる異常事態だ。

    〝辞任ドミノ〟といえば、政界では第1次安倍内閣で06~07年の間に閣僚が立て続けに4人辞めており、リバースはこれに匹敵する。ちなみに、伊勢谷容疑者は首相在任中の安倍晋三氏とも交流があった。

     伊勢谷容疑者にとっては、辞任した4人の役員の中でもアラフィフの副代表A氏が昨年9月に辞めたのが痛恨だったという。

    「伊勢谷さんは俳優として駆け出しのころにAさんと知り合いました。付き合いは20年超。苦楽を共にしたパートナーでした。でも、Aさんは役員を辞めた後、別の会社を立ち上げて事業を始めています。伊勢谷さんとAさんは絶交したわけではないようですが、それ以来、距離ができたそうです」(同)

     このころ、伊勢谷容疑者は「何でうまくいかないんだよ!」と荒れまくり、大麻の使用量が増えたといわれる。

    「焦った伊勢谷さんは昨年秋ごろ、人事に着手したそうです。抜けた4人の役員の後釜に、リバースでファッション販売担当だったアラサーの社員1人と事業担当だったアラサーの社員1人を抜てき。前任の経営陣と比べて10歳以上若返りましたが、経験不足で不安視されていました。そのさなかに屋台骨だった伊勢谷さんの不祥事が起き、会社の存亡に関わる事態に発展しています」(同)

     数千万円の負債を抱える苦境にありながら自ら薬物事件を起こすとは、愚かすぎると言わざるを得ない。

     本紙は、リバース内における伊勢谷容疑者の処分と経営状況について問い合わせるべく同社に複数回電話したが、つながらなかった。

     伊勢谷容疑者自身は金欠状態だそうで、フラッシュ電子版によれば「1円でも安い大麻を売ってほしい」と売人に持ちかけていたという。

     こうなると、ヘタに事業などに手を出さず、俳優一本で勝負すべきだったということか。

    2020年9月16日 5時15分 東スポ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18904063/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【伊勢谷容疑者】大麻漬けに大借金!!逮捕後素性がどんどん明らかに!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.crank-in.net)



    1 れいおφ ★ :2020/09/13(日) 11:53:09.29 ID:CAP_USER9.net

    「『やっぱり俺死んでいたんだ』って。脳も全然動いていなかったんでしょうね」。
    石橋貴明、58歳。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終了以来、燃え尽き症候群になっていたという。6月、YouTubeチャンネルを開設し、息を吹き返した。
    が「絶対負けない。27個目のアウトを取られるまで、野球はゲームセットじゃない」。
    お笑いに導かれた若き日、テレビと視聴率、「売れる」とは何か、規格外の笑い。40年の情熱を語り、若者世代に活を入れる。(取材・文:塚原沙耶/撮影:殿村誠士/Yahoo!ニュース 特集編集部)

    「元とんねるずですかね?」
    「『みなさん』が終わって、うーん……。ほぼ、とんねるずは死にましたよね。それだけ命をかけてやっていましたし、チャンスをもらった番組だったし、いろんな思いがすべて入っていたので。……なんか、あれからおかしかったです。やっと、YouTubeでまたちょっと息が入ったというか、呼吸し始めた感じで、死んでいましたね」

    肩書を尋ねると、「元とんねるずですかね?」。『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したのは、2018年3月。30年にわたる「みなさん」をまとめたDVD BOXは、終わったことを認めたくないから「たぶんこの先も開けない」という。

    「子どもたち、孫たちが棺桶に入れるんじゃないですか? 燃えるのかなあ、DVDって。
    火葬場の人が嫌がるかな(笑)。約30年間、毎週木金、『みなさん』の収録でフジテレビに行ってたんですよ。行かなくなって、定年退職したサラリーマンの方みたいに、燃え尽き症候群で。戦力外通告されて、テレビ大好きだったのにできなくなっちゃって、つまんねーなーって」

    今年6月、YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」が始動する。「みなさん」で苦楽を共にしたディレクター、マッコイ斉藤から、「タカさん暇でしょ?」と誘われた。

    「マッコイに『YouTubeってどういうことをやるんだ?』って聞いたら、『僕に任せてくれれば大丈夫ですよ。石橋貴明を面白くするのが僕ですから』って」

    「目指せ1万人」でスタートしたが、3カ月も経たないうちにチャンネル登録者数は125万人を突破。元プロ野球選手の清原和博が出演した回は、600万回以上再生されている。毎回、視聴者からの熱心なコメントが並ぶ。

    「テレビと違って面白いなと思ったのはコメントですよね。キヨさんの回なんて1万とかきてるから、読んでいると夜中の3時4時になっちゃって。
    『こんなふうに見てくれてるんだ』とか『こんなふうにキヨさんにあったかいメッセージ書いてくれてんだ』ってウルッときちゃう時がある」

    視聴者は自身と同世代かと思いきや、意外な結果が出ているそうだ。

    「(データを見たら)30歳までと30歳以上、52対48で若いほうが多かったんですよ。
    これは俺らに勇気を与えてくれて。娘の友達で20歳くらいの男の子たちが、貴ちゃんねるずを見てくれていると。『パパの面白いよね。伝えといて』って言われたのが、最近すげー嬉しかった話ですよね」

    元気を取り戻して、アイデアが次々と湧いている。
    「ここ数カ月、すっげえ脳動いています。『そうだ。次はあれを作ろう』とか、出るわ出るわ。『あっ、やっぱり俺死んでいたんだ』って。
    脳も全然動いていなかったんでしょうね。面白いもんですね」

    (以下、長いので省略。記事全文はこちら)

    ●インタビュー動画あり
    https://news.yahoo.co.jp/feature/1798


    【【石橋貴明】「とんねるずは死にました」 40年のお笑いを熱く語る!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 eurosim2007.org)



    1 幻の右 ★ :2020/09/08(火) 20:12:42 ID:CAP_USER9.net

    俳優の伊勢谷友介が8日、大麻取締違反の容疑で逮捕された。

     伊勢谷といえば7月に亡くなった世界的ファッションデザイナー、山本寛斎さんの異母弟であることでも知られているが、伊勢谷は以前テレビ番組で山本さんと対談した際、幼少期に実の父と母が別れたため父に関する記憶がなく、母と祖父母に育てられたことなどを明かしていた。

    「山本さんと伊勢谷の実父は数えきれないほど結婚と離婚を繰り返す人物だったと、山本さん自身も明かしています。伊勢谷は過去に広末涼子や吉川ひなの、長澤まさみとの熱愛が報じられ、特に長澤とは結婚間近とまでいわれましたが、結局破局。数年前からはモデルの森星と堂々とデートする様子が何度も報じられ、現在も継続中とみられていました。


     森との交際は4年以上におよびますが、それでも伊勢谷が結婚に踏み切らないのは、自身が複雑な家庭環境に育ったことも影響して“一生結婚はしない”と決めているからだともいわれています。しかし、今回の事件を受け、ずっと以前から薬物を常習していたため、もし逮捕されて家族に迷惑がかかることを恐れていたので結婚を避けていたのではという声も出始めています」(週刊誌記者)

     伊勢谷といえば東京藝大大学院卒で、俳優のみならず映画監督業もこなし、さらにクリエイターなどが連携して社会課題解決を実践する会社リバースプロジェクトの経営者として、社会問題に関する発言や取り組みが注目される機会も多かった。

    「会社経営のほうでは、大企業や自治体などとも連携して多くのプロジェクトを手掛け、割と本格的に取り組んでいたことは事実です。芸能活動に飽き足らずさまざまな領域に足を踏み込んでいき、40歳を超えても常に“自分探し”をしていたような印象を受けます」(同)

     そして伊勢谷が今回逮捕された背景について、ある情報が飛び交っているという。


    「昨年、女優の沢尻エリカが薬物所持の疑いで警視庁に逮捕されましたが、伊勢谷と沢尻は映画でも共演して、プライベートでも親交があった。警視庁は沢尻への取り調べで彼女の“クスリ人脈”を洗い出し、芸能界の薬物犯罪摘発に活かそうとしていたとみられています。今回、伊勢谷を逮捕したのも沢尻と同じく警視庁組織犯罪対策5課ですが、沢尻から得た情報が手掛かりになったのではないかという見方もあります」(テレビ局関係者)

     伊勢谷はかつてあるメディアのインタビューで、自身が経営するリバースプロジェクトについて聞かれ、「人類が地球に生き残るにはどうするべきか?」「政治や民主主義の新しいシステムも模索しており、教育分野にも取り組み始めました」「現代社会には『志』が不足しています」などと語っていたが、伊勢谷の志とはなんだったのだろうか。

    (文=編集部)
    2020.09.08 19:27
    https://biz-journal.jp/2020/09/post_178450.html


    【【逮捕】「伊勢谷友介」大麻で逮捕の背景には『沢尻エリカ』の証言か!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.sirabee.com)



    1 牛丼 ★ :2020/09/07(月) 15:00:50 ID:CAP_USER9.net

    奪ったのは“元妻”からではなかった

    嫌われ女王から、いまや『令和のベッキー』ともいわれる小島瑠璃子(26)。

    本サイトが彼女のあまりの嫌われっぷりを検証したのが今年の5月。

    それから4ヶ月、 “芸能界追放寸前か?” とまでなっているというから穏やかではない。

    「ここ最近、各週刊誌や芸能ニュースサイトでは連日小島の例の略奪愛を立証するかのごとく後追い記事が出まくっている。そして今までは小島、原氏、原氏元妻の三角関係と見られていたのが、なんと文春砲によって元アイドルEも加わった四角関係に発展したから驚き」(芸能リポーター)

    さまざまな報道や取材内容を整理すると、どうやら原氏が正式に離婚したのは昨年の秋冬というのが一致した見方。

    「小島と原氏が正式に交際したのはその後でしょうから、形式上は略奪愛ではない。しかし結果的に小島はやはり “略奪” している。それは元妻からではなく元アイドルEから原氏を略奪したということ」(同前)

    ここで時系列を簡単に整理しよう。

    原氏はかなり前に番組で共演したEと2年程前から交際。

    原氏は妻と別れることを約束、Eは婚約していた彼氏を裏切り事実上の不倫関係に。

    そして昨年末に正式に原氏の離婚が成立し、Eとの結婚に進むのかと思われたが、そこに改めて現れたのが小島だという。

    「当然、小島は知り合った頃は原氏に家庭があるのを知っていた。昨年末に離婚したのを知って今年になって猛アプローチをしたのでしょうから、そこは小島に罪はない。一番悪いのはEとの関係を小島に黙っていた原氏でしょう。家庭を捨て、Eと小島を天秤にかけた結果、Eを捨てた。文春さんにも報じられていた通り、Eは原氏と結婚するために大手事務所も辞めて芸能界から引退している。そこまでの覚悟があったEをいとも簡単に切った原氏は人間のクズともいえるのでは」(本件を追う夕刊紙記者)

    嫌われ女王の肩を持つ気はないが、今回の件で猛バッシングに晒される小島もある意味で被害者ということか。

    「世の中のすべての人が、文春さんの記事やナックルズさんのこの記事を読むとは限らない。今の世間のイメージは原氏の家庭を壊したのが小島というイメージ。しかし、それだけのリスクを取っても得られるリターン、すなわち財産が大きすぎる。やはり小島からすれば芸能界を退く覚悟で挑んだ最後の恋だったのでは」(同前)

    どちらにしても、業界内からも批判が集中し、もはや居場所の無くなった感のある小島。

    「まさに一時期の矢口真里やベッキーのように追放状態になるのでは。真相を知れば2人のケースとはまるで違いそこまで非はないはずだが、もともと嫌われているのも災いした。こうなったら何としても原氏に食らいついて結婚するべき。それで後に離婚する分には財産分与があるから、もう立派な人生勝ち組」(小島に近い芸能関係者)

    すべての疑惑の中心となる原氏は、弁護士任せで何ひとつコメントを出さないどころか、過去のSNS投稿も閲覧不可にしたというが……元妻、E、そして小島のために、男であるなら逃げてばかりいないで何かしらコメントを出すべき。

    それが、この騒動を収束する鍵となるだろう。
     記事
    https://k-knu*les.jp/1/10940/2/
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1599362115/


    【【小島瑠璃子】『略奪愛』で芸能界追放か!?!?】の続きを読む

    このページのトップヘ